FC2ブログ



ザックも買う オスプレー・タロン44 

前回書いたように、高田の馬場のカモシカスポーツで登山靴を買ったのですが、ついでにザックも買ってしまったのだ。

これでも昔は北岳から農鳥岳とか、北アルプスのいろんなコースを縦走したもので、それなりに大きなザックを背負って歩いた。いまでも納戸にはカリマーの何とかいう縦に大きなザックがしまってある。もう10年以上使っていない。

今度7月に飯豊山に行こうという話が持ち上がって、久し振りに出してみたら、重いし大きすぎる。それにかび臭い。これはだめだ。といって今いつも使っているザックでは自炊が原則の飯豊には小さすぎる。ということで、どんなのが良いか、インターネットや雑誌などで研究した。

そうしたら、岳人7月号別冊の夏山2008という雑誌に「夏山講座2008 憧れのアルプス登山に向けて 第三章・体力や経験のない人ほど装備の軽量化を!」という記事が載っていて、「夏のアルプス登山をラクチンに楽しむには、装備の軽量化と山小屋の売店を大いに活用すべし!」とある。

そこに「テント山行も軽量化を図れば40リットルでOKだ!」とか「ザック自体の軽量化を!」としてオスプレーのザックを紹介している。 インターネットで見ると他にもグラナイトギアーとかいうメーカーが超軽量のザックを出しているし、その他のメーカーも軽量化を競っている。今は軽量化がトレンドらしい。

昔は20kg弱を背負ったが、今はそんな無謀なことはできない。第一持ち上げる自分の体重もだいぶ増えているし、体力も落ちている。飯豊に3泊としても、荷物は10kgぐらいにしたい。無理しても11、か12kgが限度でしょう。第一荷物が重いと景色を楽しむ余裕がなくなってしまい、ただ地面を見て汗をかくだけになってしまう。それはいやだ。カメラだって2台持って行きたい。

そこで買うなら軽量の40リットルぐらいだなと思っていたところ、ちゃんと置いてあるんですねぇ。カモシカスポーツのザックの並んでいる壁の一番目に付くところに、あの雑誌に載ってるオスプレーが。

これです。Amazonでも売ってます。

たしかに軽い、1.1kg。10%引きだし背負った感じもいい。即決!買ってしまいました。

ただ、帰ってから見たらハーネスの調整の仕方や胸骨ストラップの合わせ方など英語の説明書が入っている。面倒なので読んでおりませんが、大丈夫なんでしょうなぁ。最新のザックは使う前にいろいろ調整が必要らしい。

記事目次へ

関連記事
[ 2008/06/23 07:37 ] お出かけ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tontus.blog44.fc2.com/tb.php/85-219f54cd