囲碁の本 額譲五段の三冊 

このブログで時々棋力向上に役立つ囲碁の本を紹介しています。

先月新宿の古本屋で面白い本を買いました。
額譲五段の「高段をめざすうわての置碁 上達をさまたげる三つの大罪」です。




著者も言うとおりこれまでの置碁の本は下手がどう打つかの指南書ばかりです。
この本は違います。置かせた上手がどう打つかというところに焦点を置いた本です。
私もこの頃何子か置かせて打つ機会がありますが、置かせた黒の勢力に負けてしまいます。どうもうまくいきません。

額譲五段いわく、
「みなさんの置碁を拝見していますと、上手は無理筋派と御身大切派に大別される」
ということだそうです。

無理筋派は早く形勢を有利にしようとして、全局状況を無視して苦しい状況から戦いを仕掛けます。それでも下手の咎め損ないに乗じて何とか勝負に持ち込んでしまいます。でもそのため上達を阻害する悪いクセがますます固まり、正しい戦略が身につかないのです。

御身大切派はこれまで下手の立場で打つことが多かったため、上手の立場になっても萎縮した打ち方になってしまうものです。劣悪な場所で戦うのが上手の置碁です。そうしたところで色々工夫するのは発想転換のきっかけになりますし、これまで萎縮しがちだった上手との置碁にも役立ちます。

ということで、これまで打っている置碁の悪いクセに気づくことで、置碁も上達の糧にできるということです。

考えてみれば上手の置碁はすごく形勢不利なところから始まっているのですから、そんな時どうするか、何とか混戦に持ち込んでだんだん差を詰めて最後に抜き去るというのは置碁だけではなく互先の碁でも役立つ手法でしょう。

これは良い本です。置碁ですから、アマの間違いだらけの実戦例満載です。役に立ちます。

私寡聞にして額譲五段を知りませんでしたが、すぐもう2冊額譲五段の著書買いました。

有段をめざす囲碁講座 足を引っ張る三つの大罪

有段をめざす二つのポイント 前に打った石を働かせるコツ
  

です。
この2冊もとても良い本です。

有段をめざす囲碁講座は
「みなさんは知らず知らずのうちに打っている悪いクセがあります。いくつかの悪いクセはほとんど病気、しかも悪手を打ったという自覚症状がないため、何度でも同じ誤りを繰り返します。そこで、みなさんが無意識のうちに打ってしまう悪いクセを指摘し、それらのクセが上達を阻害する大悪手だと自覚するのに主眼を置いて処方箋を書きました。」
というもの。

有段をめざす二つのポイントは
「悪い病気の克服法を正面から見据え、どんな発想法をすればよいのか、具体的にはどこに目を付ければよいのか。それをテーマにして構成しました。」
というものだと額譲五段が書いています。

タイトルは有段をめざすとありますが「高段をめざす」として良いと思います。
内容は有段をめざす級位者向けではありません。高段をめざすわたくし、仲間内で五段!にとっても学ぶ点の多い良い本でした。

額五段が前書きに書いています。

「たぶん、額なんて名前はお聞きになったことがないという皆さんが多いはずです。れっきとした日本棋院のプロです。もっとも私の本領は盤上よりもレッスンに重きがあります。
レッスンにおいて、棋聖・名人を目指してがんばっているプロです。」

額五段の言うとおりわたくしも額五段を知りませんでした。
(ネットで調べたらい現在は引退して六段です)
でも、たしかにレッスンのプロだと思います。この三冊読んで確信しました。こういうアマの弱点を知り尽くした人の本が棋力向上に役立つんです。
額先生ありがとうございます。













関連記事
[ 2017/08/05 08:16 ] 囲碁 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tontus.blog44.fc2.com/tb.php/451-3728ca60