スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

棋力アップに役立つ囲碁の本 白石勇一六段の「やさしく語る碁の本質」 

私が読んでよいと思った囲碁力向上のために役立つ本を紹介しています。
今回は 白石勇一六段の「やさしく語る碁の本質」です。



囲碁人ブックスですがKindle版の電子書籍もあります。
わたしはKindle版を買いました。紙の本より安いし、iPhone、iPadで同期して読めます。

著者の白石勇一六段はアマチュアの高校選手権、学生本因坊に優勝するなどしてからプロになった棋士ということで、アマチュアの悩みがよくわかっているのだと思います。

この本、白石六段の初めての著書だそうですが、良い本です。
私がこのブログで最近紹介している武宮九段の「武宮の常識」、それから王立誠九段の「手厚さの罠」に勝るとも劣らない良い本です。 碁を打ち進めるには何を基準に何を考えて打つのかがよくわかる本です。

表紙の帯に 
「地を取る」よりも大事なことがある!
とあります。

まさにこれ、武宮正樹九段の「武宮の常識」にもあった考え方です。
武宮九段のその本にこうあります。

碁は最後に地が多いゲーム。石を取ることが碁の本質ではないように、
地を作ることも碁の本質ではないのです。
さて地をつくるゲームでないのなら、いったい何をすればよいゲームなのでしょうか。


これなんです。これが重要なんです。

武宮九段は
「碁は、今何が一番大事なことかを常に考えるゲームであり・・・(そしてそのためには)世界(盤面全体!)の状況判断を的確にすること」
と言っています。

白石六段はこの本で碁の本質は「石の強弱」であるとして、この本ではこのただ一つに絞って解説するとしています。

この白石六段の本や武宮九段の本は、「棋理」というか囲碁の考え方についての本だと思います。
最近私の棋力が向上しているとしたらこのへんのところをこれらの本で勉強したからだと自分では思っています。

次の一手を選ぶとき、あるいはどのようにいまの局面をもっていったらよいかを考えるとき、その考え方の基準、尺度が重要であり、それをこれらの著書から得たように思うのです。

この本で取り上げられている棋譜は級位者から低段者のものですが、そこに示されている間違いは私も犯している間違いです。
高度な読みに裏付けられたプロの碁よりもむしろ学ぶ点はいっぱいあります。

下の三冊絶対お勧めの本です。 これで強くなるなら安いもんです!

  








関連記事
[ 2017/06/17 15:26 ] 囲碁 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tontus.blog44.fc2.com/tb.php/449-621264c5






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。