NHKテレビ 囲碁フォーカスのMr.天元 と不必要な音楽について 

NHK テレビの囲碁トーナメントの前の囲碁フォーカス、この4月から講師と聞き手が交代しましたが、
よく見るとMr.天元のイラストが変わっています。

IMG_0118s.jpg

画面右下のMr.天元のイラスト見てください。髪の毛と髭が黒くなってちょっと若返っております。

3月まではMr.天元は白髪で髭も白かったんです。

このことについては前にブログに
「このMr天元の声がどう考えてもイラストのキャラと合わないんです。白眉白髭のイラストのキャラにしては声が高くて若々しすぎる!ダーウィンが来たのヒゲじいの声の人ならぴったりと思うのですがね。」と書きました。

その記事はこちら→NHK囲碁フォーカス と囲碁講座

もしかしたら私の提言を取り入れて変更したのかもしれません。
そういえばNHK杯囲碁トーナメントの大盤解説が少なすぎるとも前に書きましたが、それもちょっと改善されているような気がします。その記事はこちら→今期のNHK杯囲碁トーナメントは大盤解説が少なすぎる


それならばと、ついでに言いますが、
この番組に限らず相変わらず、説明、ナレーションにかぶせて音楽を流していますが、これやめてください。
この囲碁フォーカスでも問題を説明する講師のセリフにかぶせて、チャララー、チャララーと音楽を流しています。
これ邪魔なんです。説明を聞いてるんです。静かにしてください。音楽はいりません。

このことも前に書きましたが、一番ひどいのは趣味の園芸野菜の時間で、苗の植え方の説明をしているところで、どんじゃかどんじゃか音楽を流すんです。うるさいんです、邪魔なんです。
それに皆さんのお便りを読むところで、あぜ道をどうチャラとかいう日本語の歌詞の歌を流すんです。外国語の歌なら何を歌っているのか分からないのですが、だからっていいわけじゃありませんが、お便り朗読と歌の歌詞を同時に聞くことになるのです。
どうもこのへんの感覚が分かりません。

例えば料理番組でおかずの作り方の説明をしながら同時にどんじゃかどんじゃか音楽を流しますか?
邪魔なだけでしょう。さすがに今日の料理ではそんなことはしていないようで、よろしいのですが。

ニュース番組でもあるんです。世界のメディアザッピングとかいって短い要約したニュースを次々に流すのにかぶせて音楽を流すんです。これいりません。うるさいだけです。

それからこれも前に書きましたが、外国語講座でも音楽を流すんです。ここまでくると馬鹿かお前は!と怒鳴りたくなります。
(もうほとんど怒鳴ってますが!)
ラジオの外国語講座ではさすがにこれはやりません。耳を澄まして外国語の発音を聞き取ろうとしているのにかぶせて音楽流したら聞いていられません。
テレビだと画面を見ているのにまぎれてしまうのかもしれませんが、なにしろ邪魔だし必要ありません。

この辺のところ担当者の方よろしくお願いします。

前に書いた記事→テレビ番組のバックグラウンドミュージックがうるさい




関連記事
[ 2017/04/27 09:25 ] テレビ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tontus.blog44.fc2.com/tb.php/445-e392fdb5