Kindle版囲碁の本 「基礎からわかる 辺の打ち込みの教科書」 

棋力アップに役立つ囲碁の本を紹介しています。
今回はKindle版のこれ。
 基礎からわかる 辺の打ち込みの教科書 ~知らなければハマり、知っていても互角以上!~ (囲碁人ブックス)

Kindle版の囲碁の本については前にも書きました。
まず新刊の場合価格が安いです。この秋山次郎九段の本も紙の本だと1,598円ですが、Kindle版は864円です。
しかもワンクリックで購入すればすぐ読めます。

iPadとiPhoneの両方にインストールして、家ではiPad、外出してiPhoneで読めます。
しかも違う機器で開くとき最後に読んだページに同期して開くことができます。
紙の本を自炊する手間もいらないし、私は安い古本がない新刊の囲碁の本はKindle版があれば絶対Kindle版にしています。

で、この秋山九段の「基礎からわかる 辺の打ち込みの教科書」ですが、これは良い本です。推薦します。

前回依田九段の囲碁の本を2冊お勧めしました。→依田紀基九段の囲碁の本

依田九段の「基本型後の攻防」と同じく
秋山九段のこの本もまた、定石後の相手の布陣への「打ち込み」を扱っています。
定石を打ちあった後のさてどうするかというところです。
そこで打ち込みを選択した場合どこに目を付けどうするのか、これが問題です。


内容は
序章 打ち込みの4つのポイント
第1章星の定石後、三間開きへの打ち込み
第2章星の定石後、模様への打ち込み
第3章小目のツケ引き定石後の打ち込み①
第4章小目のツケ引き定石後の打ち込み②
第5章小目への大ゲイマガカリ後の打ち込み
第6章実戦問題
付録 本書に出てきた主な定石の手順
 となっています。

取り上げられた序盤の形はどれも対局すればいつもあらわれる形です。役立ちます。



その他にもあります→Kindle版秋山次郎九段の本
関連記事
[ 2016/05/08 10:58 ] 囲碁 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tontus.blog44.fc2.com/tb.php/401-fb1df2e3