寄居の鉢形城 エドヒガン桜(2016年3月29日) 

休暇村奥武蔵に一泊してきました。
途中どこか立ち寄るところはないかと、ネットで見ていて寄居の鉢形城の一本桜を見つけました。
関越道を花園ICで降りてそんなに遠くありません。

鉢形城歴史館の駐車場に車を止めて、
IMG_5579s.jpg

歩いていくと、小さな川(深沢川)の向こうに大きな桜の木が見えます。
IMG_5515s.jpg

土塁の上に桜の巨木が立っています。
IMG_5533s.jpg

天気もよく、満開です。
このお城の由来や地形などボランティアの人?が説明していました。
IMG_5540s.jpg

見事です。この木以外のここにあるソメイヨシノはまだまったくつぼみの状態ですが、これだけは満開でした。
いい時に来ました。狙ってきたわけではないんですが、ぴったり満開に会えました。
IMG_5527s.jpg

この巨木は寄居町指定の天然記念物だそうです。
樹齢は推定150年とあります。
IMG_4092s.jpg

この後せっかくですので、鉢形城歴史館の企画展 「上州合戦 ~北条と真田~」を見てきました。
入場料は200円です。(70歳以上だと無料なんだそうですが…まだ有料なのだ!)
IMG_4097s.jpg

今年の大河ドラマの真田丸と深い関係があるらしい。
この鉢形城は、秀吉の小田原攻めの際、北条氏の重要な支城として、前田利家、上杉景勝等の北国軍に包囲され激しい攻防戦があったそうです。
これに真田も参戦したんですね。
その時の城主は北条氏邦だそうです。北条氏政の弟です。

大河ドラマ真田丸では高嶋政伸が、不気味な氏政役でいい味出してますねぇ。怪演というのかな。
あと、意外と役にあっているのは草刈正雄の真田昌幸ですね。美の壺で谷啓さんの後を継いで出ていますが、この昌幸いいです。見直しましたね。
ただ、あのへんな女、信繁の幼馴染で信繁を好きなんだけどすねたり、生意気言ったりしている傍若無人の きり というの、あれはおかしいよ、可愛くないし。あれはやめてもらいたいですね、三谷さん!

わたくしあまり大河ドラマというものは見ないんですが、
どういうわけか、日曜の夕飯時にBSでやっているのをつい付き合ってみているうちに、真田丸、毎週の習慣となってしまいました。







関連記事
[ 2016/03/31 20:59 ] お出かけ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tontus.blog44.fc2.com/tb.php/392-48bb0826