FC2ブログ



PC用USB入力アンプを買う 

コンピューターに取り込んだCDを良い音で聴くにはどうするかに付いてはだいぶ前に書きました。
パソコンの音声をオーディオ装置に出力する

今度買い換えたHPのデスクトップパソコンにもYAMAHAのマルチメディアアンプAP-U70とBOSE スピーカーシステムAM5Ⅲをつないだのですが、これも前に書きましたがWindows7では音飛びがするのであまり聴いていなかった。
ところがその音とびですがこのところだいぶ改善されたようです。自分では対策は何もしていないし理由はよく分からないのですが、ほとんどなくなってきた。

不思議です!
しかしまぁマイクロソフトさんが陰で対策を講じておるのでしょう。そう信じたい!まだ完全ではありませんので引き続きよろしくお願いしますとここでお願いしておきます。

そういうわけでまた、パソコンでなにやらやりながらiTunesを起動してジャズなど聴いているのですが、すると今度は長年使ってきたYAMAHAのマルチメディアアンプAP-U70がだめになってしまったのである。

平成12年12月にBOSEのスピーカーと一緒に買ったのですが、ついに壊れてしまいました。
10年使ったのですからまぁ仕方ないとも言えますが、そうなると、では次はどんなのにしようかと、かえってモチベーションが上がり元気が出たりするので、適当な間隔で物がだめになるというのも新し物好きには必要かも知れません。(どうもこのブログ 新し物好きの買い物日記と言われるかもしれません。)

ということでネット検索などして探したらいいのがありました。
これです。
rsda302u007ss.jpg
ラステーム・システムズという会社のRSDA302Uです。これを買いました。

この会社はこれまで知りませんでしたが、デジタルアンプをいろいろ作っているらしい。
なかでもこのRSDA302Uが USB入力対応 30W+30W フルデジタル・ステレオ・パワーアンプということでしかも値段が2万円を切るという実にリーズナブルである。(ただ専用ACアダプタが必要なので2万をちょっと出ますが。)

それから最も気に入ったのはその大きさというか小ささである。縦横がちょうど葉書ぐらいの大きさしかない。HPのデスクトップパソコンの天板の横幅より小さいのでそこに乗せて使っています。
その小ささの割りに持つとちょっとずっしりとくる安定感もいいし、デジタルアンプのせいか発熱もあまりないのも好都合である。


ところでこのアンプの出力は30W+30Wですが、私のBOSE スピーカーシステムAM5Ⅲは6Ωなので出力は22W+22Wとなる。この点がちょっと心配だったのですが、まったくそんなことはありませんでした。むしろこれまで使っていたYAMAHAのAP-U70より低音は力強く出ますし、パワー不足はまったく感じられません。BOSE AM5Ⅲとこのアンプはベストマッチと言っていいかもしれません。

あとUSB入力ですが、Windows7・64bitのパソコンでも大丈夫です。
下のRASTEMEのウェッブサイトにはVistaまでしか書いてありませんが、この点は事前にメールで問い合わせて買う前に確認しました。私のWindows7では付属のUSBケーブルでパソコンとつないだら自動的にデバイス認識されて何もせずに音が出ました。実に簡単。
これにして大満足です。よかったよかった。

詳しくはメーカーのウェッブサイトのここを見てください→http://www.rasteme.co.jp/product/audio/rsda302/u/rsda302u.html

ただ買うのは上のページにある直販ではなく販売代理のコムファディオがAmazonに出品している下のリンクからにすると、専用ACアダプタ込みでもっと安く買えます。これは優れものです!イチオシ!

  

記事目次へ

(追記)
しかし、コンピューターの音を良くする一番簡便で効果的な方法は、アンプ内臓のPC用スピーカーを使用することでしょう。
コンピューターのUSBとつなぐもの、音声出力とつなぐものの2タイプがあります。
現在ノートパソコンやディスプレイに付いている小さなスピーカーを使用しているならやってみる価値はあります。

私が推奨するのはBOSEのPC用スピーカーです。これならアンプを別途用意せずにPCの音声を格段に良くします。









関連記事
[ 2011/02/25 17:00 ] パソコン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tontus.blog44.fc2.com/tb.php/250-25b353e4