FC2ブログ



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

北アルプス・秋の燕岳常念岳 2008年9月26日~30日(その4) 

9月29日(燕山荘から常念岳、三股登山口)

IMGP0360-s.jpg
予報では天気は下り坂。計画では常念岳から蝶が岳まで行くことになっていますが、どうもだめかもしれない。

IMGP0361-s.jpg
まずは常念岳山頂を目指す。

IMGP0363-s.jpg
見下ろすと常念小屋、正面に横通岳

IMGP0365-s.jpg
ところが登るにつれて雨が降り出し、それがミゾレとなって...

PICT1859-s.jpg
ついには雪が積もりだした。三股分岐のあたりで改めて身支度をする。
そんなわけで、ここに荷物を置いて空身で常念岳往復してここから三股に下りようということになる。

PICT1862-s.jpg
岩の積み重なった道、赤ペンキのサインに従って登る。

PICT1864-s.jpg PICT1863-s.jpg
常念岳山頂、今日は何にも見えない、狭い山頂

PICT1867-s.jpg
さっきの分岐まで戻る

PICT1870-s.jpg
三股登山口めざし、前常念への尾根を行く。

PICT1877-s.jpg
次第に岩だらけの道となり、山頂らしきものもないままちょっと下ると

PICT1879-s.jpg
「堀金学校内常念嶽研究会建設」と読める石柱と避難小屋がある。

PICT1884-s.jpg PICT1887-s.jpg
雨の中下って行くと樹林帯になり

IMGP0366-s.jpg
いやになるほど歩きに歩いて、やっと三股登山口に到着

IMGP0369-s.jpg
ここまで来てホッといたしました。疲れた~。
後で考えたら常念小屋まで戻って一ノ沢に下りたほうが楽だったのかもしれないが...まぁいいでしょう。
このあと800m歩いて三股駐車場からたのんでおいたタクシーでしゃくなげ荘に行きました。(タクシー代は5050円でした)

北アルプス・北アルプス・秋の燕岳常念岳 2008年9月26日~30日(その3)

北アルプス・北アルプス・秋の燕岳常念岳 2008年9月26日~30日(その2)

北アルプス・北アルプス・秋の燕岳常念岳 2008年9月26日~30日(その1)

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

関連記事
[ 2008/10/04 17:31 ] お出かけ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tontus.blog44.fc2.com/tb.php/115-080e1e17






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。