スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

iPhoneのSIM交換 docomoからMNP(続き) 


前回の続きです。
前回書いた手順を踏んでやっとSIMカードの配送がありました。

IMG_5153s.jpg
SIⅯカードは前のガラケーの電話番号になっています。
また開通手続きのご案内も同封されています。

このご案内のとおり携帯で開通センターに電話して(この時発信番号通知が必要です)
乗換対象の電話番号とSIMカードの識別番号下4ケタを入力するだけです。

手続き完了後数時間程度で開通するとあります。
iPhoneのSIMカードを交換して待機しておりましたら、2時間ぐらいでしたか、前の携帯の画面を見ると圏外になっているので開通したのだなとiPhone見ると使えるようになっておりました。
最初の時のようにAPN構成プロファイルというのをインストールする必要はありませんでした。そのまま使えます。

音声通話もちゃんとできます。
ただ無料通話が一切ありません、最初から通話料がかかります。
みおふぉんダイアルというアプリを使えば通常20円/30秒のところ10円/30秒になるというのでインストールいたしました。

それからこれまではIIJmioの料金は私の口座から引き落としになっておりましたが、秘密裏に家計費の口座から引き落とすように変更したのでした。秘密ですよ!


iPhone買って最初のIIJmioSIMカードの設定についてはこちらをどうぞ→Phone6Plus 購入(3) ・・・初期設定

 





関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/09/30 12:13 ] スマホ・タブレット関係 | TB(0) | CM(0)

iPhoneのSIM交換 docomoからMNP 

 2014年の12月にiPhone6plusを購入してIIJmioのデータ通信(SMS付き)専用SIMカードで使用していることは前に書きました。
それ以前から使用しているdocomoの携帯(ガラケー)と2台持ちで、こっちでは音声通話することで使い分けておりました。

 ところが8月が1年割引の契約の更新月で、9、10月中だと解約しても別途違約金が発生しないとdocomoからメールで通知があったので、この際iPhone1つにまとめようと同番号で移行することにしました。

 カミさんもこの際友達がみんな使っているラクラクホンにしたいというので新宿のdocomo店に行きました。
 そこでMNPの予約番号というのを発行してもらいました。2000円かかります。でもこれネットでもできるらしい。

次に家に帰って今度はIIJ mioの会員ページで、ガラケーの電話番号とdocomoで発行してもらった予約番号と使用期限を入力して手続きします。
こちらは店舗がありませんからネットでやるしかありません。
続いて本人確認の免許証をスマホで撮影して送信します。私の免許証は昨年住所変更していますので、裏面も送る必要があります。
こういう時に便利なのが、スマホのアプリのOffice Lensですね。斜めに撮影しても自動的にスキャナー使ったのと同じように真四角になります。

とここまで書いてIIJから来たメールなど確認してみたら正確にはちょっと手続きが違ってました。
すぐ忘れちゃうんです!記録してないとすぐあいまい!

私はすでにIIJmioのデータSIMを使用しております。その前提での手続きですが、
会員ページでMNPの申し込みをすると、すぐIIJから下記認証コードで引き続き手続きを進めてくださいと4桁の認証コードを知らせるメールが来ます。このコードは30分で無効になるそうです。
で、再び会員ページに戻って続きをやったのでした。
終了するとまたメールでサービス変更の申し込み承りのお知らせが来ます。
この場合は音声SIMへのカード交換で合わせてMNP転入するということなのでした。
同時に本人確認書類画像の提出についてというメールが来ました。そこに本人確認システムへのログインアドレスが書いてありましてここに撮った画像を送信するのでした。

とここまで1日でできる(9月21日)のですが、本人確認完了のご連絡のメールがあったのはその2日後(23日)、発送のお知らせが24日でクロネコヤマトの配送は25日の日曜日でした。間に休日が1日ありましたが、ここまで4日かかりました。

SIMカードを受け取ってからどうしたかは次回に。これから出かけますので、とりあえずここまで。










関連記事
[ 2016/09/29 11:51 ] スマホ・タブレット関係 | TB(0) | CM(0)

Amazonの電子書籍読み放題 Kindle unlimited 

Amazonの電子書籍 Kindleについては、まえに推奨する囲碁の本のところで紙の本より安いしいいと書きました。
8月にそのKindle 版の書籍の読み放題サービス Kindle unlimitedが月額980円で始まったというので覗いてみると、結構マイナビの囲碁人ブックスの新刊が対象になっていた。

 この囲碁の本を月に1冊読んだらそれだけでお得だし…
それにわたくし写真カメラ雑誌のうち近くの図書館に置いてない「デジタルカメラマガジン」の電子版をここ何か月かインプレスのネットショップで1冊700円で購入しているので、それを考えるとあと280円ですからまぁいいかと思ったのでした。

ところが8月31日の朝日新聞にこんな記事が載っていた。

アマゾン読み放題、人気本消える 利用者多すぎが原因?
今月3日にスタートした通販大手アマゾンジャパンの電子書籍読み放題サービスで、人気のある漫画や写真集などがラインアップから外れ始めた。サービス開始に合わせて多くの書籍をそろえようとしたアマゾンが、出版社に配分する利用料を年内に限って上乗せして支払う契約を締結。しかし想定以上の利用が続いて負担に耐えきれなくなり、利用が多い人気本をラインアップから外し始めたとみられる。


そうなんです。読み放題リストから知らない間に消えているんです。

これまで1か月余の期間にこれはいいなと読んだ読み放題の囲碁の本↓みんな今見ると読み放題の対象じゃないんです。

     
上の5冊、私の推奨本ですね。どれも良い本です。読み放題でなくても買うと思いますが、ひと月もしないでそれはないよね!

Amazonの契約違反に反発して出版社側からサービス提供を引き上げているんでしょう。

 例によって気が付くと無料期間は過ぎておりますが、今後どうしようか考え中であります。
幸いデジタルカメラマガジンとデジキャパは10月号も対象になっております。しかし山と渓谷は8月号までは読み放題の対象でしたがそれ以降は9月号も10月号も読み放題ではありません。この雑誌も毎号読んでいるので残念であります。






関連記事
[ 2016/09/22 21:19 ] 本と読書 | TB(0) | CM(0)

AmazonビデオをSONYのブルーレイプレーヤーBDP-S6700で見る 

 前回書いたSONYのブルーレイプレーヤーBDP-S6700についてです。

ブルーレイプレーヤーですから、ブルーレイディスクやDVD、CDなどの再生は普通にできますし、
SONYのHP見ると
フルハイビジョン映像をさらに高精細化
4K対応のテレビにつなげば、映像をさらに高精細な4K映像に変換します。ブルーレイディスクやDVDはもちろん、ネット動画やホームネットワーク経由の映像、USBメディアの映像よりも美しく再生できるようになりました。また、静止画にも対応しています。

とありますが、残念ながら我が家のテレビは4Kなどというものには対応しておりませんで宝の持ち腐れであります。

最初にネットワークに接続する必要がありますが、たいてい無線LANを使ってるでしょうから暗号を一回入力すればすぐつながります。

電源入れるとこんな画面が出ます。
IMG_5127s.jpg

Amazonビデををリモコンでクリックするとパソコンと同じ画面が出ます。
IMG_5128s.jpg

またYouTubeをクリックするとメニューが出ます。
私の場合よく見る囲碁の動画が何の指定もしないと出ます。
でもこれってちょっと一人で見る分にはよろしいですが…
他人に見せたくない趣味や好みのいつも見ているのが最初に出るというのはやめてほしいような気がします。

IMG_5129s.jpg

YouTubeの動画も大きな画面で見るとなかには解像度の悪いのもありますが、なかなかいいですね。

それからわたくしパソコンにつないだnasneというのでテレビ録画もしているのですが、これも無線LANにつながっておりますので、一番上のメニュー画面のYouTubeの2つ右のアイコンをクリックするとメニューが出て、パソコン録画したものをテレビで見られるようになります。
もう一つ外付けハードディスクをBDP-S6700のUSBにつなぐとハードディスク内の動画や写真を見ることができます。
これもいいですね。写真を居間のテレビの大画面で見るのも楽しいです。

その他Bluetooth 設定すればどうだとかモバイル機器のスクリーンミラーリングができるとかいろいろあるらしいのですが、面倒なのでまだやってません。
が、ここまででもこれは買ってよかったなと思います。

ところでこのBDP-S6700にはHDMIケーブルがついてないんです。仕方ないのでレコーダーのコードを外して最初つないだのですが、すぐAmazonで買いました。
お急ぎ便無料のプライム会員なのだ!


  






関連記事
[ 2016/09/19 21:33 ] オーディオ・ビジュアル | TB(0) | CM(0)

Amazonビデオについて 

 前にも書きましたが、Amazonのお急ぎ便お試しのため1か月無料のAmazonプライム会員になってしまったのですが…
まぁこれが狙いなんでしょうが無料期間などというものは知らないうちにすぎてしまいまして、年間3900円の引き落としということになりました。
以来その元を取ろうと、プライム会員特典のAmazonミュージックを聞いたりAmazonビデオを見ておりました。

 Amazonビデオも最初のうちはプライム会員特典の無料の映画を見ていたのですが、そのうち有料の映画の48時間レンタル399円というのも見るようになってしまいました。
 これがAmazonさんの狙いなのね!と分かっているんですが、こちらにもメリットがあります。

というのはわたくしTUTAYAのレンタルビデオの会員なんですが、あまりレンタルしておりません。
世田谷に転居してから1年になりますが、1回下高井戸のTSUTAYAで借りただけです。このことは前に書きました。

レンタルショップは借りに行くのも面倒だし返しに行くのも面倒です。
それに返却期限はいつだっけ、いつ返しに行こうかなど気になって仕方がない。
最近会員登録の更新のご案内が来ましたがやめました。

それがAmazonビデオだとそういう手間なしに見ようというときにPCで「レンタルする」というのをポチッとするとすぐ見ることができます。レンタル料も同じようなものです。
ですがそうなるとこれをやっぱりパソコンのモニターでなくて大きな居間のテレビで見たくなります。

そのための機器をちゃんとAmazonは用意してるんですねぇ。
「お手持ちのテレビのHDMI端子に挿すだけでAmazonビデオ、Netflix、Hulu、YouTubeなど、豊富な映画やビデオを大画面で楽しめる」
というFire TV StickとかAmazon Fire TVというものです。

 

これはいいと買おうと思ったのですが、さんざん検討した結果この機能がついていて、録画したブルーレイディスクも見られるSONYのブルーレイプレーヤーBDP-S6700を買ったのでした。
まぁどちらでもいいんですが、録画したオペラなどを録画機でなくてプレーヤーで見たらどうだろうということもあったのです。
それにこちらはSACDも再生できるというところもいいかなと。



次回使ってみた報告を書きます。今日はここまで。



関連記事
[ 2016/09/17 22:11 ] オーディオ・ビジュアル | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。