FC2ブログ



2014年 年末所感! 

早いもので2014年も大晦日になってしまいました。
今年もサボってあまり書きませんでしたが・・・

今年を振り返ってみますと・・・

今年は写真関係で大忙しでした。
写真クラブに2つ入っていますが、今年は4月と11月にそれぞれ写真展がありました。4月には1点、11月には2点作品を出品いたしました。

今数えたら今年は47泊も泊りで出かけております。
写真仲間と撮影旅行が主ですが、かみさんの好きな休暇村の旅行も16泊行っております。

写真関係では裏磐梯に3回行っています。

休暇村は10回16泊のなかでも奥武蔵に3回、鹿沢休暇村に3回も出かけています。
スノーシューハイキングをしようと2月に行った鹿沢では大雪で大変な目にあいました。
ちょうどソチオリンピックのとき、電車はすべてストップ、なんとか長野新幹線が動くというので朝休暇村の車で上田駅まで送ってもらったは良いけれど、結局新幹線に乗れたのは夕方。やっとのことで東京に戻ることができました。
またスノーシューでは今年初めて大山と蒜山高原の休暇村に行きました。

毎年春と秋旅行しているN田氏、イシさんとはことしも春は吉野の桜、秋は北海道に1週間出かけました。
秋の北海道は良かったです、オンネトー、ニセコなどいい写真が撮れました。

二人とは2008年に最初に飯豊山に一緒に登って以来毎年ドライブ旅行に行ってます。
車好き、温泉好きの二人との三人旅はこれからも続けたいです。
なにしろ交代で運転ねというのも最近は私の番はなぜか回ってこないで、こんなに楽して撮影ポイントに連れて行ってくれるという三人旅は願ってもありえないと思うのです。(時には運転するよといってもなぜかやらせてくれないんです!?)

昨年入ったNikonの写真クラブの仲間とも今年は5回も泊りがけで撮影旅行に行きました。気の会う同好の士にめぐり合えたのはうれしい限りです。

最後に11月の写真展に出品した2点をご覧ください。
DSC_6012raws.jpg
朝霧の中に咲く(栃木県 奥日光)

D6N_1531raws.jpg
湿原朝靄(長野県 霧ケ峰八島湿原)

来年も健康で楽しくやりたいですね。
そうそうこの年末に来年の転居を決めました。9月には桜上水に引っ越す予定です。

2015年はもう少しマメに書きますのでよろしくお願いします。











関連記事
[ 2014/12/31 21:19 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

Phone6Plus 購入(3) ・・・初期設定 


 ネットのAppleストアで 「iPhone 6 Plus 128GB シルバー, SIMフリー」を 購入したのが11月9日。注文の確認メールを見ると、お届け予定日が 「2014/12/03 - 2014/12/10 」となっている。なんと1ヶ月も待たねばならんとは!

 注文してから配送納品まで1ヶ月は驚きました。それだけ人気で品薄なんでしょうねぇ。ただその後円安で値上げがあって、私の機種はなんと1万2000円も値上がりした。これはなんだかえらく得した気持でした。

 待つこと約一月、12月3日にようやっと「ご注文の商品を出荷いたしました。」とメールがあった。配送予定は翌日4日。
 3日は昼からN田氏、イシさんと神田大越で来春の旅行の打ち合わせを飲みながらやろうということになっている。その行きがけにビックカメラ新宿ハルク店でBICSIMを買いました。

IMG_2702s.jpg
 BIC SIMウェルカムパック [データ用]SMS対応ナノSIM

 音声通話なしはガラケーと2台持ちですから決めてましたが、ネットで色々検索してみると、SMS付きにしたほうが電池の持ちも良くて通信が安定するとあった。「SMSオプション料金:140円 税抜」が毎月の料金としてかかりますがこちらにしました。
 これまでの携帯電話も、山奥の電波が届かないところでは電波を拾おうとして電池がすぐ消耗してしまう、と聞いていましたが多分そのことかもしれません。

飲んで帰ってから、早速IIJmioに申し込みと会員登録をした。

IMG_2703s.jpg
BICSIMのパッケージをあけると登録、設定のガイドが入っています。

IMG_2704s.jpg
START PASSの裏に電話番号とパスコードが書いてある。
下のカードにSIMカードが付いていたのですが、取り外した後の画像です。
裏にBICSIMのサービスの公衆無線LANサービスの登録のときに必要なICCIDがあります。

これらを使ってインターネットでmioIDを取得し、料金ブランは 
◆ミニマムスタートプラン
月間2GBのデータ通信が1040円 税抜(SMSオプション料金:140円 税抜)/月+SMS送信料!
にしました。

 翌日4日配送があったのですが、この日はまた写真展の最終日で昼からなんだかんだありましたので、設定は5日にやりました。

 設定には「Wi-Fi」接続が必要です。家の無線LAN環境の中でやれば、パスワードを入れればすぐつながります。

電源入れて開始するとすぐ、SIMカードが入っていません、SIMカードを入れろと催促される。
パッケージの中にSIMカードのトレイを開けるピンが同梱されていますので
IMG_2695s.jpg
これを使ってSIMカードを入れる。

 そうすると今度は、「新しいiPhoneとして設定」するのか「iCloudバックアップから復元」あるいは「iTunesバックアップから復元」するのかと聞かれる。
復元を選ぶと個人データ及び購入済みコンテンツが自動的に追加されます。」とあるのでこれは便利と「iTunesバックアップから復元」を選んだ。付属のコードでPCとつないでiTunesを立ち上げると、OSが古いからできないと出る。
なんなのよまったく!で、仕方がないから前に戻って「新しいiPhoneとして設定」するを選びなおしてやりましたが、パソコンとつないだままやったせいかこれまでのiPadのデータが入っておりました。

終るとすぐOSをアップデートしろと出ました。このすでに入っていたiPhoneのOSが最新でなかったので復元ができなかったのでしょう。

 最後にAPN構成プロファイルというのをインストールしないと電話回線で通信できません。
BICSIM同梱の説明書に書いてあるアドレスにSafariで(Safariでというところが大事らしい))アクセスして、インストールすればあっという間にできてしまいます。
iPhoneのWiFiをoffにして、Safariで他のページを見てみるとちゃんとインターネットにつながっていることが確認できます。あとで高速ネットワークに接続、切断を選べる「みおぽん」というのもインストールしましょう。

以上ちょっと紆余曲折ありましたができました。
これをビックカメラのBICSIMカウンターでやってもらうこともできますが端末初期設定とネットワーク設定だけで税抜き1,280円かかります。なに、間違えて戻ったり中断してもちゃんとできます。

よかったよかった!


関連記事
[ 2014/12/09 12:53 ] スマホ・タブレット関係 | TB(0) | CM(0)

iPhone6Plus 購入(2) ・・・MVNOでSIMフリー 

前回に続いてiPhone6Plusの購入についてです。

その前にiPhone6Plusで撮った写真を一枚。
IMG_0003s.jpg
いいですねぇ、鮮明さはこれまでのiPodtouch,iPadの写真と段違いです。

 さてiPhoneを買った動機は、iPodtouch、iPadと比べての画面の程よい大きさだけではありません。
それは、いつでもどこでもネットに繋がっていることの便利、必要性を感じたからです。

 もう何年も前にはじめて携帯電話を買ったときはちょっと感動しました。いつでも連絡取れる!
たとえばかみさんと買い物に出て、ちょっと本屋に行ってくるとか言って別れても、携帯で[今どこ?」と連絡が付く。これは便利です!携帯がないときはどうしてたんだろと今では想像もつかない。

 iPadでインターネットにアクセスできるのは便利ですが、本当に便利に使うには携帯電話回線でどこでもいつでもネットにアクセスできることが必須です。最近は無料の無線LANが使える宿なども増えてきていますし、東京では無料のWi-Fiをあちこちで使えます。でも裏磐梯五色沼ではそうはいきません!

 でもそういうと、「iPadだってキャリアーと契約するWi-Fi+Cellularのモデルを選択できますよ」とおっしゃる方もおありでしょうが・・・でも、それ高いじゃない!毎月の使用料が高すぎるッ!

 ということで我慢していたんですが、最近はMVNOという「携帯電話回線を自社では持たないで、docomoなどの回線を借りて自社ブランドで通信サービスを行う事業者」と契約できるようになってきている。
iPhoneもSIMカードは自分で用意しなさいという「SIMフリー」のやつを買えるようになった。

ネットで調べると、MVNOのsimカードを使うと月額1000円ぐらいからデータ通信ができる。
これですよ!これなら今の携帯電話と併用して使えます。

私の携帯電話の毎月の料金は、かみさんのとあわせて何とか割で約2600円、一人1300円です。しかも1000円無料通話分のサービスがそれぞれ付いている。でも超過したことありません。長電話はしないんです。

それプラス1500円ぐらいなら許せる範囲、超格安と言っていいでしょう!これに決まり!
といよいよiPhone6の購入にかかったのですが、長くなったので次回に続くということで。






関連記事
[ 2014/12/07 11:40 ] スマホ・タブレット関係 | TB(0) | CM(0)

iPhone6Plus 購入(1)・・・なぜPlusにしたのか 

 これまでタブレット端末は、最初にiPad、続いてiPod touch、そしてiPadminiを購入して使ってきましたが、今度はまた懲りずにiPhone6Plusを買っちゃいました。

 前にも書きましたが、iPad,iPadmini,iPodtouchは基本的には同じものです。みな同じことができます。
違うのは画面の大きさです。
iPhoneも単なる電話機ではなく、電話ができるけど他にいろいろiPadなどと同じことができる点では同じようなものです。
 
 今度発売されたiPhone6はiPodtouchとiPadminiの中間の大きさで、4.7インチのモデルと 5.5インチのPlusの2種類あります。

 わたしは迷わず5.5インチの大きいほうにいたしました。

IMG_2700s.jpg
4つの端末の大きさ比べ

 これらの端末で私は何に使っているかというと、
囲碁の棋譜の入力と棋譜再生、電子書籍の読書、それからハイキングや撮影に行くときなどの地図(地形図)の表示と今いる場所をGPS端末を併用して確認すること、あとは撮影した写真を保存して見る(見せる)ことです。音楽の再生は順位は低い。
また最近はインターネットも手軽にはじめられるiPadの使用頻度が高い。

 棋譜入力に関してはタップする着手の入力は絶対大きい画面の方がやりやすい。
でもiPadは碁会所など対局場所に持参するには大きくて重い(新型のiPadAirは私の旧型より相当軽いらしいですが)。
またiPod touchは棋譜入力をやれないことはないけどダメですね。これはSmartGoKifuにたくさん入っているプロの棋譜の再生、観賞用です。詰碁は画面が限られているのでできますが。
で、結局棋譜囲碁関係で一番使うのはiPadminiとなっている。
これは写真の鑑賞でも同じで、外に持ち出すにはiPadminiが最適な大きさのように思います。

 電子書籍はというと、これは二つに分かれます。
写真関係、撮影地情報、囲碁の雑誌などA4サイズの本をを自炊したものはやっぱり大画面のiPadがいい。
でも外出するときは読書用でもiPadmini選ぶ。囲碁の本などB5サイズの本はちょうどよい大きさで読みやすいし、カバンに入れて持ち歩くにはちょうどいい。
iPodtouchは読書にはちょっと小さすぎる。まぁせいぜい1ページに1問の詰碁の本ぐらいならいいですがね。ただポケットからスッと取り出してすぐ始められるところは便利ですし、電車の中でつり革につかまって立っていても片手操作で読めます。この点は便利です。電車に乗るたびに10分でも詰碁を解く!これがいいんです。

 ハイキングなどの地図とGPSはというとこれもiPadminiを使うことが多い。でも携帯の便から画面は小さいのですがiPodtouchもかなり使用している。

 ということでいまは外出、旅行のときはiPodtouchとiPadminiの両方を持っていっている。iPadは外にもって行くことはまずない。

 帯に短かく襷に長しの状態の3機種にまたその中間の大きさを加えたのはなぜかというと・・・

iPadminiより小さくて携帯に便利、でも電子書籍の読書もそれなりできる大きさのが欲しい!ということでした。
それにiPhoneは別途GPS端末がなくても位置情報が取得できる。山と高原の地図とiPhoneがあればいい。
さらにカメラとWiFiで連携してやるカメラの操作も5.5インチ画面ならいいのではないか。

などなど考えまして、iPhone6Plusにしたのでした。

まだ買ってから数日なんですが、タッチペンの入力で棋譜の着手入力もできます。読書もできます。いまのところ満足しております。

買ったのはSIMフリーの機種でデータ専用(ただしSMS付き)のBICSIMを差しています。電話はこれまでのいわゆる"ガラケー"と2台持ちです。

次回、購入してから初期設定まで書きます。ちょっとあせりましたが、できました。

 

関連記事
[ 2014/12/06 20:59 ] スマホ・タブレット関係 | TB(0) | CM(0)