スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

PC用USB入力アンプを買う 

コンピューターに取り込んだCDを良い音で聴くにはどうするかに付いてはだいぶ前に書きました。
パソコンの音声をオーディオ装置に出力する

今度買い換えたHPのデスクトップパソコンにもYAMAHAのマルチメディアアンプAP-U70とBOSE スピーカーシステムAM5Ⅲをつないだのですが、これも前に書きましたがWindows7では音飛びがするのであまり聴いていなかった。
ところがその音とびですがこのところだいぶ改善されたようです。自分では対策は何もしていないし理由はよく分からないのですが、ほとんどなくなってきた。

不思議です!
しかしまぁマイクロソフトさんが陰で対策を講じておるのでしょう。そう信じたい!まだ完全ではありませんので引き続きよろしくお願いしますとここでお願いしておきます。

そういうわけでまた、パソコンでなにやらやりながらiTunesを起動してジャズなど聴いているのですが、すると今度は長年使ってきたYAMAHAのマルチメディアアンプAP-U70がだめになってしまったのである。

平成12年12月にBOSEのスピーカーと一緒に買ったのですが、ついに壊れてしまいました。
10年使ったのですからまぁ仕方ないとも言えますが、そうなると、では次はどんなのにしようかと、かえってモチベーションが上がり元気が出たりするので、適当な間隔で物がだめになるというのも新し物好きには必要かも知れません。(どうもこのブログ 新し物好きの買い物日記と言われるかもしれません。)

ということでネット検索などして探したらいいのがありました。
これです。
rsda302u007ss.jpg
ラステーム・システムズという会社のRSDA302Uです。これを買いました。

この会社はこれまで知りませんでしたが、デジタルアンプをいろいろ作っているらしい。
なかでもこのRSDA302Uが USB入力対応 30W+30W フルデジタル・ステレオ・パワーアンプということでしかも値段が2万円を切るという実にリーズナブルである。(ただ専用ACアダプタが必要なので2万をちょっと出ますが。)

それから最も気に入ったのはその大きさというか小ささである。縦横がちょうど葉書ぐらいの大きさしかない。HPのデスクトップパソコンの天板の横幅より小さいのでそこに乗せて使っています。
その小ささの割りに持つとちょっとずっしりとくる安定感もいいし、デジタルアンプのせいか発熱もあまりないのも好都合である。


ところでこのアンプの出力は30W+30Wですが、私のBOSE スピーカーシステムAM5Ⅲは6Ωなので出力は22W+22Wとなる。この点がちょっと心配だったのですが、まったくそんなことはありませんでした。むしろこれまで使っていたYAMAHAのAP-U70より低音は力強く出ますし、パワー不足はまったく感じられません。BOSE AM5Ⅲとこのアンプはベストマッチと言っていいかもしれません。

あとUSB入力ですが、Windows7・64bitのパソコンでも大丈夫です。
下のRASTEMEのウェッブサイトにはVistaまでしか書いてありませんが、この点は事前にメールで問い合わせて買う前に確認しました。私のWindows7では付属のUSBケーブルでパソコンとつないだら自動的にデバイス認識されて何もせずに音が出ました。実に簡単。
これにして大満足です。よかったよかった。

詳しくはメーカーのウェッブサイトのここを見てください→http://www.rasteme.co.jp/product/audio/rsda302/u/rsda302u.html

ただ買うのは上のページにある直販ではなく販売代理のコムファディオがAmazonに出品している下のリンクからにすると、専用ACアダプタ込みでもっと安く買えます。これは優れものです!イチオシ!

  

記事目次へ

(追記)
しかし、コンピューターの音を良くする一番簡便で効果的な方法は、アンプ内臓のPC用スピーカーを使用することでしょう。
コンピューターのUSBとつなぐもの、音声出力とつなぐものの2タイプがあります。
現在ノートパソコンやディスプレイに付いている小さなスピーカーを使用しているならやってみる価値はあります。

私が推奨するのはBOSEのPC用スピーカーです。これならアンプを別途用意せずにPCの音声を格段に良くします。









関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/02/25 17:00 ] パソコン | TB(0) | CM(0)

AmazonでCDを売る 

AmazonやYahooオークションではいろんな物を買っているが、ついぞ売ったことがなかった。売るものがないのではなくて面倒なだけで本当は売り払いたいものが我が家には一杯ある。

そこでまず手始めにCDをAmazonで売ってみることにした

これまでせっかく買い集めたCDではあるが、ジャズのCDなどはみなコンピューターに読み込んでiTunesで時折聴くという程度になっているので、もう邪魔だ!いっそ売ってしまえということでAmazonのマーケットプレイスに出品してみたらこれが結構売れたのです。

ジャズの好きな人は絶版になっているCDなどは高値のものでも結構買ってくれるようだ。
昨年の8月末頃から始めて現在まで約半年で72枚出品して24枚売れた。

当然Amazonは手数料など差し引いて振り込んでくれるのだが、CDの場合手数料をどれくらい取られるのかというと
販売手数料が売価の15%
カテゴリー成約料(という商品の種別ごとに定められた定額のもの)がCDでは140円
基本成約料が100円
と3種類取られます。
そのかわり購入者が商品価格とは別にAmazonに支払う配送料340円はそのままこちらにくれます。

たとえばCD1枚1500円で出品して首尾よく売れると、収入は配送料340円足して1840円になりますが、手数料225円、カテゴリー成約料140円、基本成約料100円が引かれ、Amazonから私の口座に1375円振り込まれます。
しかしCDを購入者に配送するのに経費がかかります。

まず、クッション封筒(内側にプチプチが貼り付けてある封筒)の2枚一組を100円ショップで買いますからこれが1回に付き50円、ヤマト運輸のメール便が80円ということで合計して1回の発送に130円はかかります。
(2枚組の厚いケースのCDなどはメール便の厚さの2cmという制限を越えますから、レターパック350とかゆうメールなどを使いますのでもっとかかります。)
ということで、発送の経費130円を差し引くと結局1枚1500円で売れて実収入は1245円となります。

で、私の場合これまでCD24枚合計48,580円売れたのですが、手数料を13,049円引かれ配送料8,160円もらいましたが、発送の経費を差し引いて約4万円の収入ということになりました。

絶版になっている高そうなのをまず出品したせいか1枚あたり約2,000円で売れていますが、だんだんそのようなレア物はなくなってきて最近では1,000円を下回っております。
しかし中古レコード店に持ち込んで買い取ってもらうよりずっと高値で売れていると思います。とはいっても取得価格から見れば赤字なんですが、まぁそれは仕方ない。

それから油断ならないのは、旅行などに行ってメールのチェックができないときです。
帰ってからメールを見ると発送遅延しています、すぐ商品を発送してくださいとAmazonから催促のメールが来ていたりします。
(そのように何日か不在になるときは、簡単に出品を一時的に停止できることが分かりました。)

前に2泊の旅行から帰ったらなんと3枚も売れていたことがあってあせりました。金儲けはラクではないのだ!
(と鼻息荒くしておりますが、なぁに、入ればすぐ使っちゃうんです。その辺は次回に・・・またAmazonで買った話です!)

記事目次へ






関連記事
[ 2011/02/25 07:02 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

新宿西口公園の雪だるまOlympus E-P2 

2月15日朝起きたら雪が積もっていました。東京ではこの11日に続いて2度目の降雪でした。
かねてより雪が降って白くなったら新宿御苑に写真を撮りに行こうと思っていたのですが、94歳の老母を病院に連れて行かなくてはならないというので行けませんでした。

P2150708s.jpg

午後その合間に新宿西口公園で撮ったのがこれ。誰が作ったのか雪だるまが無聊を囲っておりました。
Olympus E-P2+M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8  いいレンズです。




記事目次へ



関連記事
[ 2011/02/16 16:31 ] カメラと写真 | TB(0) | CM(0)

今年もCP+に行きました(2011年2月) 

昨日2月10日横浜パシフィコで開催されているカメラと写真映像関係の"見本市"CP+2011に行って来た。

主催者によると
「CP+(シーピープラス)は、国内外の写真映像に関わる企業が集まり、カメラ・レンズをはじめフォトプリンター、フォトアクセサリー、望遠鏡、その他写真関連機材など、多岐に渡る写真映像関連商品や最新技術を紹介する場であり、“撮る・見る・つながる”をキーワードに、あらゆるセミナーやイベントを通してより楽しく豊かなフォトライフを提案する、カメラと写真映像の情報発信イベントです。」
ということです。

P2100612s.jpg
広い会場を各社に区切って新製品の展示やトークショウ、セミナーなどやっております。

P2100599s.jpg P2100610s.jpg
オリンパス、FIJIFILM では新発売のXZ-1、X100が主力商品

P2100616s.jpg P2100617s.jpg
こちらはSIGMAで、右はSONY

P2100680s.jpg
CanonとNikonの二大巨頭は隣り合って競っております。

P2100601s.jpg P2100679s.jpg
キャノンは「レンズの力(Power of Lenses)」ということでEFレンズをズラッと並べれば、ニコンはクリアなまなざしナノクリスタルコートだそうです。

P2100675s.jpg
と、横でなにやら騒がしい音楽が始まったと思ったら、モデル撮影をやっている。

P2100678s.jpg P2100676s.jpg
Nikonのカメラではありませんが私もちょこっと参加いたしました。

P2100684s.jpg P2100685s.jpg
写真仲間のA澤君がニコンカレッジの師匠梶山博明先生のセミナーを聞いていくというのに付き合って、5時ごろ開始の
「一旅一写」旅と自然が創り出すドラマを1枚の写真で表現する
を聴講いたしました。
前半のカメラ機材のところは、私キャノンの味方ですので聞き流しましたが、どう撮るか、上達の秘訣はというところは大変参考になりました。よかったです。
ただ立ち見というか立ち聞きで疲れました。会場は熱気で暑いし・・・

P2100686s.jpg
ということで終わって会場を出れば、観覧車の時計は5時59分でありました。
この後新宿に戻って栄寿司で一杯やって家路に着いたのであります。

そうそう、この項の画像は すべてOlympusE-P2 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 で撮影しました。(最後のだけM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 でした。)

記事目次へ

kankyoteicamerastore.jpg 







関連記事
[ 2011/02/11 15:37 ] カメラと写真 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。