スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

小田原長興山の枝垂れ桜(2010年3月30日) 

29日のNHKテレビで小田原にある長興山のしだれ桜が満開ですと言っていたし、30日は久し振りの快晴ということなので行ってみました。

IMG_9416-s.jpg
小田原から箱根登山鉄道箱根湯本行き。3つ目の入生田駅で下車。
混雑していた電車は箱根まで行く人が大半だろうと思ったら、そうではなくてここで降りる人が大勢いた。
みな長興山を目指しているようです。

IMG_9417-s.jpg IMG_9418-s.jpg
しばらく行くとすぐ紹太寺の広い参道があり、すぐ紹太寺がある。
ここは「現・長興山紹太寺」ですが、元は紹太寺の参道沿いにある「子院」のひとつ「清雲院」であると看板にあります。

IMG_9426-s.jpg
さらに進むと道が二手に分かれてる。さてどっちに行ったものかと悩む人が多い。
私は標識に従って階段の道を行きましたが、右の車道の方がなだらかです。帰りはこちらを下ってきました。

IMG_9495t-s.jpg
上のしだれ桜のところに長興山ハイキングコース案内図がありましたのでここに載せておきます。
でもなんでこの看板、目的地のしだれ桜のところに立ってるんでしょう。
普通は、駅とか参道の入口あるいはこの分かれ道のところに立てるんじゃないでしょうかねぇ。しだれ桜まで来てから見たってしょうがないでしょ!
(とここまで書いてから思い出しましたが、駅に道案内図があったような…ちゃんと見なさい!)

IMG_9428-s.jpg IMG_9429-s.jpg
でもこちらの階段の道のほうが昔の参道でしょう、おもむきがあります。
最後は稲葉一族、春日の局の墓所への階段がありますが、しだれ桜はこの手前で右の道をたどります。

IMG_9431-s.jpg
樹木越しに見えてきました。

IMG_9441-s.jpg
立派です。それに満開です。

IMG_9449-s.jpg
桜の周りには人がいっぱい。

IMG_9487-s.jpg IMG_9494-s.jpg
出店も出てお団子やおでんなども売ってます。

最後にもう一度。画像クリックすると拡大します。
IMG_9473-s.jpg

IMG_9482-s.jpg

桜撮影に役立つ本はこちらから

記事目次へ

kankyoteicamerastore.jpg 


関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/03/31 20:36 ] お出かけ | TB(0) | CM(0)

六義園の枝垂桜(2010年3月26日) 五分咲きでした 

六義園の枝垂桜を見に行ってきました。

IMG_9244-s.jpg
入口を入るとすぐ枝垂桜の巨木があります。

IMG_9229-s.jpg
入口には五分咲きと表示がありました。

IMG_9256-s.jpg
たしかにまだつぼみが多いようです。

IMG_9243-s.jpg
しかし五分咲きでも見事なものです。
ライトアップを夜9時までやっているのですが、今日はやめました。満開になったらまた来ようと思います。
今日六義園のウェッブサイトを見たら開花が遅れているのでライトアップ期間を4月4日まで延長すると出てました。

園内にはコブシの巨木が何本かあって、そちらは今満開です。

IMG_9227-s.jpg IMG_9221-s.jpg

画像をクリックするとslimboxで拡大表示します。

記事目次へ



関連記事
[ 2010/03/27 12:18 ] お出かけ | TB(0) | CM(0)

新宿御苑の枝垂桜(3月22日) 

前々回に春分の日(3月21日)の枝垂桜載せましたがどうも天候がいまいちでした。
ところが翌日の振り替え休日は朝から快晴でしたので、よしともう一度自転車を飛ばして開門と同時に新宿御苑に行ったのでした。パスポート効果ですね。

IMG_9086-s.jpg
やっぱり青空をバックにすると桜も映えます。それに1日で左側の木もだいぶ花が開きました。(画像クリックすると拡大します。)

IMG_9138-s.jpg
だんだん人も増えて、1時間もするとこのとおりです。何事も早いが一番ですね。

これで年間パスポートでの入苑3回目なのだ。この調子なら10回は軽くいきますね!

kankyoteicamerastore.jpg 

記事目次へ
あるいは、このところの新宿御苑はカテゴリーに「新宿御苑」を作りましたので右サイドのカテゴリーからまとめて見て下され。

関連記事
[ 2010/03/26 09:02 ] 新宿御苑 | TB(0) | CM(0)

新宿御苑の年間パスポート 

先日ハクモクレンを見に行く前に新宿御苑のウェッブサイトを見たら今年(2010年)2月16日から2000円で1年間入園できる年間パスポートの発行を始めたとあった。→新宿御苑 年間パスポートを発行しています

しかし2000円と言ったら10回分だ。家から自転車でいける距離なのでよく行くといっても年間10回は行ってないよと考えてその時は買わなかったのですが…
写真仲間のH田君と話したら、「そりゃ買って御苑をホームグランドとして通うべきだよ」という。
それもそうだ。それにパスポートを持っていれば暇なときは気楽に行ってみるかとなってきっと行く回数も増えるでしょう。
ということで先週末再度行って購入しました。

パスポートに貼る写真がいるのでデジカメでとって、証明写真を作ろう!というフリーソフトで決められた大きさの写真をプリントして持っていった。
窓口で申請書を書いて出したら、なんと発行まで2時間程お時間いただいてますという。しかしそれまでぼんやり待ってろということではなくて2000円払って引換券を受け取ったら入苑してよろしいというのでほっとした。

だけど、2時間もかけてどうするのかと思ったら、名刺大のパスポートの用紙に写真をそれよりちょっと大きなラミネートで貼り付けて、回転ゴム印で1年後の年月日をぺたりと押すだけなのだ!こんなの気の利いた人ならまず3分とかかりませんヨ!
まさか「下記の者の申請のとおり発行してよろしいか伺います」なんて稟議書を起案して、係長、課長、所長のハンコをもらうんじゃないんでしょ!
まぁ込み合ったときのことを考えてのことなんでしょうが、それにしてもねぇ!

10時に窓口で申請して、くれた引換券には「引き換え時間12時から16時」と記入されていました。
ところが普段なら2時間くらい撮影していればあっという間に経ってしまうのですが、このときは早くも11時に新宿門に戻って来てしまったのでした。
なぜかというと、カメラにカードが入っていなかった!からなんです。なんたること!
こないだ来たときより寒桜がだいぶ咲いてきたな、よしと一枚撮って液晶を見たら…カードが入ってません!!との表示。が~ん!なんとCFカードをカメラから抜いてパソコンに差し込んだままで来てしまったのでした。(まぁ、こういった類のことはなぜか近頃よくあるんです!困ったもんです。)

しか~し今日からパスポートですから、また来ればよろしいと気を取り戻して…

このときはフィルムでも撮ってやろうと、MinoltaAUTOCORDとESPIOminiを持ってきていたのでこちらに切り替えた。
しかしフィルムは入っているだけで予備を持ってない。なのですぐ終わってしまったということなんです。
で、指定の時間の1時間も前に窓口に行ったのですが、とっくに出来上がっておりました。

この年間パスポートは人気のようで新宿門だけの私の受付番号が確か730だか40番でしたから、千駄ヶ谷門でも同じぐらいとしても一月でざっと1500人にはなります。窓口で私の後ろに並んだ3人連れのおばさんも申し込んでましたし、桜のところですごいカメラを持っている人とちょっと話したらもう持ってましたから。
こりゃだいぶ増収対策になってますね。ですから望むべくは65歳以上は1000円とするぐらいのサービスをやりなさい!と言いたいですね。都立庭園の年間パスポートはみなそうなっております。

ついでに言うと、新宿御苑は閉門が夏も冬も4時半というのは早すぎやしませんか?
夏の4時半なんてまだカンカン照りですよ!その上4時になるとなんやら放送で早く帰れ早く帰れとせきたてるし、もっと利用する国民のことを考えなさい!職員が5時に定時退庁するための決まりとしか思えません。

と、今日は書いてるうちに不平不満がフツフツと沸いてきて止まらなくなりそうなのでこのへんで。

記事目次へ

追記
以上の記事を昨日書いてから、都立庭園のページを見てみたら、六義園や小石川後楽園などの都立庭園の年間パスポートは入園料4回分の値段でした!しかも65歳以上は半額(もともと入園料が65歳以上は半額です)!
それから閉園時間も都立庭園は5時ですし、桜や紅葉の時期には時間延長してライトアップなどもやっております。

国もこれに見習って欲しいものです。
まずは新宿御苑の閉園時間を5時にすることと、年間パスポートの値段をせめて入園料5回分の1000円にしなさい!




関連記事
[ 2010/03/22 21:15 ] 新宿御苑 | TB(0) | CM(0)

新宿御苑の枝垂桜(2010年春分の日) 

朝まで低気圧による暴風が吹き荒れていましたが、9時ごろにはおさまってきたので新宿御苑に行ってきました。

そうなんです、また新宿御苑!なんです。というのは2000円の年間パスポートを買ったのでもう何回行こうがこの1年間はフリーパスなんです。年間パスポートについては次回に書きます。

今日は何日か前行ったときすでに開花していた下の池のほとりの枝垂桜が今日あたりいいのではと思って行ってみたのです。

IMG_9008-s.jpg
1本はまだちょっと早いようですが、隣の木は満開状態でした。

IMG_8982-s.jpg
素晴らしい!

IMG_8974-s.jpg
裏から見ても素晴らしい!
あと何日かして隣のも開花したらすごいでしょうね。

IMG_9021-s.jpg
ところがソメイヨシノはまだこんな感じでつぼみの状態です。

IMG_9060-s.jpg
今日は暴風の影響で電車も止まっていたし、すいているだろうと思ったら大間違いで、昼前に新宿門に戻ったら撮影教室らしき団体やら、4×5インチのビューカメラのグループやらでにぎわっておりました。

記事目次へ


関連記事
[ 2010/03/21 23:16 ] 新宿御苑 | TB(0) | CM(0)

新宿御苑の続き 池のシラサギ 

新宿御苑のハクモクレン満開と前回書きましたが、もうひとつ新宿御苑ネタ。

帰りに母と子の森の池を通りがかったらシラサギがいた。

IMG_6941t-s.jpg
近距離で2,3人が立ってみてましたが、まったく気にするふうでもなく悠然と立っていましたが、

IMG_6949-s.jpg
浅い池を何歩か歩んで、すばやい動きでなにやらくわえたようなのでパチパチと連写したところ…

IMG_6949t-s.jpg
カエルをくわえていました。

シラサギといってもダイサギ、チュウサギ、コサギがいるそうです。私には「ダイ」のように思えますが、どうでしょう。
しかし、カエルをくわえる早業には驚きました。


記事目次へ


関連記事
[ 2010/03/18 22:26 ] 新宿御苑 | TB(0) | CM(0)

新宿御苑のハクモクレン(2010年3月17日) 

新宿御苑のウェッブサイトを見たら、ハクモクレンが満開とあったので行ってみました。

IMG_6728-s.jpg
たしかに新宿門から入ってすぐのところにあるハクモクレンが満開でした。
IMG_6752-s.jpg
 
苑内にはこの他にもハクモクレンの巨木があります。

IMG_6884-s.jpg IMG_6907-s.jpg
でも、咲いているのを見るのは初めてです。

IMG_6923-s.jpg
こんなにハクモクレンの木があるとは知りませんでした。

IMG_6927-s.jpg IMG_6880-s.jpg

新宿御苑は家から自転車でこられますから、何かというと来ているのですがこんなに見事に咲いているのははじめて見ました。


記事目次へ

関連記事
[ 2010/03/17 13:35 ] 新宿御苑 | TB(0) | CM(0)

横浜CP+ もうひとつ注目・EPSONフォトビューアー 

昨日行った横浜のCP+でもうひとつ注目したものがあります。

それはEPSONのフォトビューアー(P-7000/P-6000)のライブビューモードの対応機種が今春EOS5DMarkⅡなどのキャノンの一眼レフにも対応するということです。

 

このEPSONのフォトビューアー(P-7000/P-6000)は、カメラとUSBケーブルで接続して撮影後データを内蔵HDDに転送して保存できるのでバックアップの手間がかからず便利でいいのですが、もうひとつ機能があって…

ビューアーでピント制御してシャッターを切ることができる。
EPSONのウェッブサイトには「風景写真や、マクロ撮影などで難しくなるAFのピント合わせが、ストレージビューアーの大型液晶画面で可能に。レリーズ操作も行えます。さらに、シャッタースピードや連写、露出補正、ホワイトバランス、絞りなどの設定も可能です。」とある。

しかし、これまでこの機能の対応機種はニコンのデジタル一眼レフカメラだけだったのですが、この春キャノンの一眼レフも対応するということです。
三脚を使用してライブビューモードで厳密なピント合わせをして撮影する風景写真には、このビューアーの大画面は絶対有効だと思います。
EOS5DMarkⅡでこの機能が使えるならこれは買いですね。

関連記事 横浜CP+でPENTAX645D
 
記事目次へ
関連記事
[ 2010/03/12 10:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2010横浜CP+でPENTAX645D 

いつもの写真仲間から「カメラと写真映像の情報発信イベントCP+」に行こうと誘われたので行ってきた。
昔は毎年たしか3月に日本カメラショウ、カメラ用品ショウというのが日本橋のデパートであってよく行きましたが、最近はトンとご無沙汰していた。

IMG_6666-s.jpg IMG_6667-s.jpg
今年から「広がるフォトイメージングの世界をヨコハマから」としてパシフィコ横浜が会場になっている。
ネットで事前登録して送られてきたメールをプリントアウトして持っていけば入場無料です。

IMG_6661-s.jpg IMG_6668-s.jpg
仕事の関係もあって毎年来ているという友達に言わせると、去年に比べるとだいぶ金のかけ方が違う、ちょっとさびしいということだが、私には活気あって結構にぎわっているように見えました。

IMG_6673-s.jpg
中で私の目を引いたのは、なんといっても昨日全容が明らかになった中判デジタル一眼PENTAX645Dでした。

IMG_6672-s.jpg
すでにこの645Dで撮影した写真家吉村和敏氏が白川郷での実写映像を写しながら、その「驚異的な描写力」を絶賛しておりました。
もらったパンフレットには「その高画質は「これは8×10か」と写真家をうならせた。」とあります。

IMG_6674-s.jpg
並べばタッチ・アンド・トライということでさわれたのですが、行列が嫌いな私は遠目で見るに止めました。

IMG_6687-s.jpg
そして密閉空間の会場から外に出て空を見上げると近頃珍しい青空でした。

記事目次へ

関連記事
[ 2010/03/11 22:35 ] カメラと写真 | TB(0) | CM(0)

箱根に一泊旅行(2010年3月3日) 

箱根にある渋谷区の区民保養施設「二の平渋谷荘」に1泊してきました。
箱根彫刻の森美術館のそばにあるこの施設は、渋谷区民に人気があって、これまで宿泊予約の抽選で当たったことはありませんが、キャンセル待ちにしておくと泊まれる。
でもキャンセルが出るのは宿泊の2日前とか前日ですので、いつでもいける態勢にないと利用できません。すでに定年退職した団塊世代の私はまぁそういう態勢にあるんですね。
(ただ今回は初めてだいぶ前に予約できました。)

IMG_6432-s.jpg
3月3日東名から小田原厚木道路をたどり、荻窪ICで降りる。
そこからすぐのところに辻村植物公園というのがあります。ここに寄っていくことにしました。

IMG_6447-s.jpg
ここは暖かいからかもしれませんが、梅園全体の盛りは過ぎているようでした。でも木によってはまだまだきれいに咲いています。

IMG_6457-s.jpg
入口に辻村植物公園の由来が掲げてありました。
辻村常助、伊助兄弟によって開かれた辻村農園は最初小田原駅の地にあったが、鉄道熱海線(現在の東海道線)が国府津から小田原まで敷設されることとなり大正8年この地に移転したという。
そして昭和61年小田原市がこの地を譲り受け植物公園を整備したそうだ。

IMGP1235-s_20100307221757.jpg
それから昼は箱根宮ノ下の「元祖鯵丼の みやふじ」でその元祖鯵丼を食べました。

IMG_6601-s.jpg
翌日は湯河原梅林へ。

IMG_6471-s.jpg
去年は1月の末、まだ「梅の宴」の始まる前に来ましたが…

IMG_6643-s.jpg
今年はよく咲いてます。

IMG_6571-s.jpg
麓から幕山山頂への道をたどって梅林最高地点まで行く。

IMG_6596-s.jpg
標高がちょっと高いせいか上に行くほど満開です。
岩壁と梅、なかなかの絶景です。

IMG_6655-s.jpg IMG_6652-s.jpg
昼は小田原市内にある、玄関に達磨の像が置いてある「だるま」という店で鯵寿司と相模で採れた地魚の相模寿司を食べました。昨日の昼も鯵を食べたのですが…好きなんです。
(相模寿司は写真撮る前になくなっちゃいました。)
この店古めかしい由緒ありげな大きな料理店ですが、聞くとホントに由緒ある建物で登録有形文化財指定の唐破風入母屋造りだそうです。
ご覧になりたい向きはグーグルで「小田原 だるま」と検索すれば出ます。
味はいいです。箱根の帰りによく寄ります。

記事目次へ



関連記事
[ 2010/03/07 22:25 ] お出かけ | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。