スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

雫石の紅葉と網張温泉(まだ続き) 

IMGP1131-s.jpg
翌朝は割りといい天気。東八幡平あたりから見た岩手山。
網張温泉国民休暇村を予約してあるが、午前中は南下して雫石の紅葉の名所に行ってみる。

IMGP1134-s.jpg
これは鶯宿温泉街から川をちょっとさかのぼったところにある逢滝。川沿いの遊歩道が滝まで続いている。まだ紅葉にはだいぶ早かった。

IMGP1142-s.jpg
これは舟原(ふなら)の紅葉。
雫石駅から秋田街道・国道46号線を秋田方面に約15分ほど行ったところにある。雫石川沿いの対岸が紅葉している。
このちょっと先に「雫石あねっこ」という道の駅があってお昼を食べた。

IMGP1161-s.jpg
それから網張温泉の方に葛根田川を北にたどると葛根田渓谷というのがある。ここが一番紅葉していた。

IMGP1163-s.jpg
この渓谷の一番奥には地熱発電所があるが、ここいらも噴気があがっている。

IMGP1165-s.jpg
紅葉真っ盛りでした。

ということで頃はよしと、今日の宿国民休暇村岩手網張温泉に向かったのですが、到着したらまだチェックインに早かったので
IMGP1174-s.jpg
展望リフト3基を乗り継いで

IMGP1181-s.jpg IMGP1177-s.jpg
犬倉山まで30分ほど登り展望を楽しんで

IMGP1193-s.jpg  IMGP1195-s.jpg
戻ってきました。

記事目次へ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/10/30 18:16 ] お出かけ | TB(0) | CM(0)

八幡平(昨日の続き) 

IMGP1097-s.jpg
昼食後黒石ICから東北自動車道に乗り、鹿角八幡平で降りて国道341号線を行く。アスピーテ入口で玉川温泉、田沢湖に行く国道と別れて八幡平アスピーテラインを行く。

IMGP1099-s.jpg IMGP1100-s.jpg
大沼の目の前にある八幡平ビジターセンターの駐車場に車を止めて

IMGP1102-s.jpg
大沼自然探勝路に行ってみる。

IMGP1106-s.jpg IMGP1108-s.jpg
沼の周囲はちょうどよく紅葉している。

IMGP1115-s.jpg
次は八幡平頂上直下の展望駐車場に止めて

IMGP1119-s.jpg
八幡平頂上まで15分、展望デッキがありますがあまり展望はよくない。

IMGP1124-s.jpg
さらに10分ほど歩くと一番大きな八幡沼を見下ろす展望デッキ。

IMGP1126-s.jpg
見返峠から遠くに岩手山を見て10分下れば最初の駐車場に戻る。
さらに下ってその日は東八幡平の温泉宿に一泊する。

まだ続きますが、今日はここまで。→続きを見る

記事目次へ

関連記事
[ 2009/10/17 22:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

十和田奥入瀬八甲田 

先週の三連休にいつもの山の仲間3人で東北の紅葉を愛でようと車を飛ばして行ってきた。
7時に浦和インターから東北自動車道に乗り交代で運転して午後2時過ぎに十和田ICを降りた。

IMGP1007-s.jpg
発荷峠から十和田湖を見下ろす。昨日日本列島を縦断した台風の影響でまだどんより曇っている。

IMGP1011-s.jpg IMGP1012-s.jpg IMGP1014-s.jpg
湖畔まで下って中山半島の湖畔をちょっと歩いて乙女の像まで行ってみる。

IMGP1021-s.jpg IMGP1022-s.jpg
再び車に乗って高台にある瞰湖台(かんこだい)から展望する。十和田湖畔の紅葉はまだちょっと早いようだ。

IMGP1024-s.jpg
子ノ口から奥入瀬渓流に沿っていく。時々車を降りて撮影する。奥入瀬はまだほとんど紅葉していない。残念。
 
IMGP1025-s.jpg
銚子大滝。

IMGP1039-s.jpg
その日は蔦温泉に泊まる。泊まった部屋は階段をえっちら登って行く年代物の建物でしたが、いい温泉でした。
これは翌朝の様子。天気も回復したようだ。
IMGP1035-s.jpg
朝の蔦沼です。

IMGP1056-s.jpg
八甲田ロープウェイで山頂公園に
IMGP1066-s.jpg
そこからゴードラインという名で呼ばれている湿原の中の木道をたどって一周する。

IMGP1069-s.jpg
下の方に毛無岱という湿原が見える。ここを通って酸ヶ湯温泉まで下れるが、我々は再びロープウェイで下って車に戻る。

IMGP1081-s.jpg
来た道(103号線)を戻り城ヶ倉入り口から黒石ICへ続く394号線に入ってすこし行くと城ヶ倉大橋がある。
IMGP1088-s.jpg IMGP1090-s.jpg
みな車を止めて(橋の上は駐車禁止です)渓谷の紅葉を見下ろしている。なかなかの眺めです。

IMGP1096-s.jpg
そこからどんどん下って黒石インター近くの津軽伝承工芸館というところで第4回そばまつりとあったのでそこでそばを食べました。
隣には津軽こけし館というのもありました。

次は八幡平なんですが、今日はここまで。→続きを見る

記事目次へ
関連記事
[ 2009/10/16 22:40 ] お出かけ | TB(0) | CM(0)

EOS-1VとK20Dの画像を比べる 

EOS-1Vで撮ったポジフィルムを昨日書いたようにHOT ALBUM DVDでデジタルデータ化したので、デジタル一眼レフK20Dで撮ったのと比べてみたいと思います。

まずはこれ。前に書きました7月の森林公園のヤマユリです。
IMGP6803-s.jpg
PENTAX K20D

EOS090725002-s.jpg
こちらがEOS-1V フィルムはPROVIA100F 色合いがちょっと違います。

横浜外交官の家、K20Dの方は前に載せました。
IMGP6830-s.jpg
K20D

OR0909290018-s.jpg
EOS-1V フィルムはPROVIA100F

次は横浜夜景です
IMGP6927-s.jpg
K20D これは前に載せました。

OR0909290064-s.jpg
こちらがEOS-1V フィルムはPROVIA100F

同じEOS-1VのカットをスキャナーGT-X970でスキャンして取り込んで見ました。
EOS1V811027-s.jpg
ホットアルバムDVDとあまり遜色ないように思いますがどうでしょう。もうちょっと明度を調整すればホットアルバムDVDと同じぐらいになるだろうと思います。
微妙な色合いの違いがありますが、自分でスキャンしたのもなかなかいいと思います。コストを考えると暇に任せてスキャナーを有効活用したほうがいいのかもしれない。

ところでデジタルとフィルムでだいぶ違うのもありました。。
三ツ峠に行ったときの朝焼けの富士山の写真です。

IMGP7267c-s.jpg
まずEOS-1Vでとったもの ほぼフィルムに写ったままといえます。
撮影データは f11 1/10 露出補正-1.0 フィルムはVelvia100(ISO100)

次にK20Dで撮ったもの
IMGP7267-s.jpg
K20D  ISO200 F5.6 1/60
RAWで撮ったのをそのまま何にもしないでjpeg変換したものです。
ずいぶん違いがありますが、ためしにPENTAXのRAW現像ソフトでいじってみました。

IMGP7267c-s.jpg
彩度をちょっと上げて、マゼンダを微調整してみました。デジタルはこのへんが自由自在です。
フィルムの撮影したままとほぼ同じになりました。

デジタルとフィルム、色合いのニュアンスの違いはだいぶあるようですが、画質の違いはこのくらいの画像の大きさに縮小してしまうと判然としない。

アサヒカメラ2008年10月号に「デジタルvs.フィルム デジタルの最高峰は銀塩中・大判を超えたか」という記事が出ていました。
デジタル一眼レフと中判カメラ(6×4.5センチ判)、大判カメラ(4×5インチ判)で同一の風景を撮影し、その画像を全倍プリントにして比較検討している。つまりこれくらいにして比較しないと分からないということでしょう。
で、結論はフルサイズデジタルは銀塩中判を超えつつあるとあります。
そうですかフルサイズですか!そろそろねぇ・・・試してみたいものです。



記事目次へ


関連記事
[ 2009/10/03 22:40 ] カメラと写真 | TB(0) | CM(1)

ポジフィルムのデジタルデータ化 ホットアルバムDVD 

キャノンの35mmフィルム一眼レフEOS-1V購入以来35mmリバーサルフィルムで撮影しているが、これをやはりパソコンに取り込みたい。我が家のエプソンのフラットベッドスキャナーGT-X970は35mmフィルム6コマのシートを4列いっぺんにセットできる。これでやればよろしいのですが、いかんせん面倒なんです。

このGT-X970昔撮ったスライドフィルムをスキャンしたことがあります。というかそれをやろうと購入したのです。

フィルムスキャンするにはまずフィルムをセットする。ゴムまりみたいなブローでホコリを吹き飛ばす。解像度などソフトの設定をする。プレビュースキャンをする。それを見て良いのをスキャンする。

ということなんですが、一番困るのは糸くずみたいなホコリがあると目立つんです。それでも青空みたいな一色のところならなんとかフォトショップエレメンツなどのスタンプツールを使って消せるんですが、複雑な色のところではどうしようもない。
シュッシュッとそいつを吹き飛ばしてからそのコマだけもう一度やり直しということになる。というふうに面倒なんです。時間がかかるんです。で、このところ沙汰やみとなっている。

もっと簡便にならんのか、誰かやってくれないのと探したら、まぁかなりリーズナブルな価格でやってくれるサービスを見つけました。

ヨドバシカメラでもらった「PRICELIST・DPE料金表」にネガ・ポジ・プリントからのCD-R(DVD-R)書き込みサービスの一覧表というのがあって、そこに ホットアルバムDVD(HOT ALBUM DVD)というのがありました。

35mmポジフィルムの現像済みシートからシート丸々DVDに入力して1シート735円。解像度は 約600万画素(16base)3072×2048 とある。
これはコダックの現像をやるケイジェイイメージングというところがやるらしい。ヨドバシカメラに聞いたらべつにコダックのフィルムでなくてもやってくれるそうで、私の使っているFUJICHROMEフィルムでもいいそうだ。

どんなものか一度やってみようとフィルムを持っていって注文したら、現在スペシャルプライスサービス中でポジフィルム1シートあたり630円でした。2010年1月31日までの期間限定らしい。

で結果は?なかなか良かった。いくつかフィルムより硬い調子のもありましたが全体的にはいいですね。ホコリもないし、楽チンです。
そのなかのいいのを1枚前回載せました。あの白いフヨウの花の写真です。→見てみる
次回以降また載せます。

詳しくは下記リンクを見てください
ケイジェイ イメージングのHOTALBUM DVD

記事目次へ



関連記事
[ 2009/10/02 22:52 ] カメラと写真 | TB(0) | CM(0)

キャノンEOS-1V用のレンズ購入 

前回はEOS-1V発売当時の雑誌の広告でお茶を濁しましたが、さてカメラを買ってもレンズがなければ写せません。キャノンのカメラは初めてですのでまず1本買わなければ・・・ということでこれまた中古で標準ズームを買いました。

キャノンEF28-135mm F3.5~5.6IS USM 買いました。

Canon EOS-1V SUPER GUIDE という本によりますとこのレンズは

「標準ズーム初の手ブレ補正機構を搭載。5倍近いズーム比を持ちながら比較的軽量コンパクトに仕上がっている。光学系に非球面レンズを採用し、最短撮影距離もズーム全域で0.5メートルを実現。機動力の高さが魅力だ。」

とあります。2000年に出たこの本では価格は78,000円となっています。下のキャノンのページを見たら今でも78,000円です。

キャノンの製品情報のページにまだ載ってます。
http://cweb.canon.jp/ef/lineup/standard-zoom/ef28-135-f35-56/index.html

ヤフーオークションでは15,000円ぐらいから4万円ぐらいで出ています。私もヤフーで19,200円買ったのですが、きれいなレンズで機能的には何の問題もない良いレンズでした。

本当はEOS5D MarkⅡのキットレンズにもなっている
EF24-105mm F4L IS USM
を買いたかったのですが、こちらはLレンズですし中古でも8万円ぐらいしますので今回はやめました。

大体昔は一眼レフを買うときは50mm標準レンズ付きで買って、次に35mmの広角レンズと135mmの望遠!レンズを買うのが常道であったと思います。
その後ズームレンズが標準になりましたが最初は大体35-70mmが標準ズームでした。
28-135mmならまぁ不足はないとしたものです。Lレンズではありませんが写りはなかなかのものがあります。

こないだ浜離宮で撮った1枚見てください。
50cmまでとかなり寄れるところを生かして撮りました。
EOS1v90924fuyou-s.jpg
フヨウ
EOS-1V+EF28-135mm F3.5~5.6IS USM+Velvia100+HOTALBUM DVDでデジタルデータ化
(ホットアルバムDVDとは何だというのは次回に。)


Amazonでも売ってます。

ポジフィルムのデジタルデータ化 ホットアルバムDVD
記事目次へ


関連記事
[ 2009/10/01 23:54 ] カメラと写真 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。