スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

横浜夜景(2009年7月29日) 

昨日友達と3人で横浜の夜景を撮りに行ってきました。場所は横浜夜景の撮影場所として有名な横浜港大桟橋。ここからみなとみらい地区の夜景を狙います。

夜にはまだ間があるので、まずは横浜山手地区を散策。
IMGP6830-s.jpg
石川町駅から坂を上がってこれは外交官の家。

ここから財団法人横浜市緑の協会の「山手西洋館マップ」を見ながら
IMGP6849-s.jpg IMGP6851-s.jpg IMGP6853-s.jpg
山手本通りをたどって

IMGP6861-s.jpg IMGP6863-s.jpg IMGP6862-s.jpg
港の見える丘公園まで歩きました。

それから山下公園などでなお時間をつぶして大桟橋へ。
IMGP6900b-s.jpg
ようやっと日没が近づいてきた。何しろ今は日没時間が7時近くですから大変です。
ということで日が暮れてから撮った写真を何枚か載せます。

IMGP6927-s.jpg

IMGP6940-s.jpg

IMGP6965-s.jpg

結局8時近くまでいて、中華街で飲んで帰りました。

横浜市緑の協会 山手西洋館トップページ



   


記事目次へ



関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/07/30 22:39 ] お出かけ | TB(0) | CM(0)

武蔵丘陵森林公園のヤマユリ 

昨日7月25日に森林公園のヤマユリを見に行ってきました。

森林公園のホームページを見ると「ヤマユリの最盛期が続いています!」とありますが、「やまゆりをお楽しみいただける期間も、あと少しです。お早めにご来園ください。」ともある。
26日の日曜日は無料開園日とありますが、NHKテレビでも放送したというしきっと混むだろうと思い、ちょっと天気は悪いようですが「お早めに」行くことにしました。

IMGPyuri6789-s.jpg
関越自動車道を東松山ICで降りてそのまま直進して案内標識に従っていけば一番近いのがこの南口。

IMGPyuri6790i-s.jpg
入り口で「やまゆりセルフガイド(南コース)」をもらってしばらく行くと

IMGPyuri6792-s.jpg IMGPyuri6796-s.jpg
まずパンフレットにあるようにウバユリが何株か咲いている。右はまだつぼみ。

そしてしばらく行くと
IMGPyuri6797-s.jpg
ヤマユリが咲いています。しかし頭が重いのかみな頭を下げてお辞儀しています。

IMGPyuri6802-s.jpg
ちゃんと立っているのもありました。

IMGPyuri6801-s.jpg
また、ベニスジという変異種も一株だけさいていました。非常に珍しいものだそうです。

ヤマユリ以外では
IMGPyuri6811-s.jpg
オオバギボウシが咲いていました。

昼前は時折雨のぱらつく天気でしたが、とにかく蒸し暑い日でした。

国営武蔵丘陵森林公園



ヤマユリなんですが、私も前に球根を買って庭に植えたことがあるのですが、出てきませんでした。あの立派な球根はどうなったんだろ。
インターネットなどで見るとこの球根はウィルス病などに弱くてデリケートで栽培が難しいそうだ。

おなじユリでもカサブランカという純白の大きな花は、一度植えた球根から何年か咲きました。そのほか鉄砲ユリとかカノコユリなんてのも植えれば咲きました。とはいえ2,3年で出てこなくなりますが・・・
ユリの栽培は難しいのかもしれない。
 

記事目次へ


関連記事
[ 2009/07/26 18:27 ] お出かけ | TB(0) | CM(0)

蓮の花 

7月21日に蓮の花を見に、埼玉県行田市の古代蓮の里と茨城県古河市の古河総合公園に行ってきた。県は違いますがどちらも東北高速道の加須ICから割合近い。
IMGP6626hasu-s.jpg
最初に古代蓮の里、なんだか花の数が少ないようです。

IMGP6635hasu-s.jpg
近くで見ればいくつも咲いていますが、すでに咲き終わった蜂巣のほうがやっぱり多い。
今が見頃のときと思うのだが、今年は開花が早いのかもしれない。

IMGP6686hasu-s.jpg IMGP6687hasu-s.jpg
この古代蓮というのは行田市指定天然記念物で行田蓮(古代蓮)という。古代蓮の里にほど近い公共施設建設工事の際に偶然出土した種子が自然発芽して一斉に開花したもので、その自生地から移植したものだという。

また、ここには古代蓮のほかに41種類の世界の蓮の花が見られる。
IMGP6668hasu-s.jpg IMGP6662hasu-s.jpg IMGP6663hasu-s.jpg
蓮といってもずいぶん違うもんです。

IMGP6738hasu-s.jpg
次は古河総合公園の蓮池。

IMGP6742hasu-s.jpg
こちらは有名な大賀ハス。草丈がだいぶ高く、見上げるようです。

IMGP6751hasu-s.jpg
小高いところから見下ろすと、こちらはまだまだ盛りです。

IMGP6785hasu-s.jpg  IMGP6765hasu-s.jpg
見事な大賀ハスでした。
古河のほうは午後になってしまったのですが、曇りがちで時々雨がぱらつく天気だったので午後になっても咲いていました。晴れていると昼で花は閉じてしまうそうです。

古代蓮の里
古河総合公園

記事目次へ



関連記事
[ 2009/07/24 07:10 ] お出かけ | TB(0) | CM(0)

乗鞍高原レンゲツツジ(2009年6月22~23日) 

前回書いたように雨の上高地からバスで沢渡駐車場に戻り、近くの蕎麦屋で昼食をとった後、車で乗鞍高原国民休暇村に向かった。
それからその日はずっと雨が降っていましたが、まだチェックインの3時にはだいぶ間があるので・・・
IMGPnorikura0842-s.jpg
雨のなか、休暇村に隣接する牛留池への散歩コースを行ってみることにする。

IMGPnorikura0843b-s.jpg
5分ばかり木道をだらだら下るとすぐ牛留池がある。
パンフレットには「溶岩台地のくぼ地にあり、その東岸から眺める乗鞍岳と湖面にうつる逆さ乗鞍岳が美しい。」とありますが、雨のなか乗鞍岳は望むべくもありません。ただ岸辺にはミツガシワが群生しています。

IMGPnorikura0846-s.jpg
またここはモリアオガエルの生息地して知られているそうですが、あの木にいくつもくっついている白い泡のようなものがモリアオガエルの卵らしい。

IMGPnorikura0849-s.jpg IMGPnorikura0850-s.jpg
そこから20分ほど「口笛の径」と名の付いた道を下って行くと、あざみ池に着く。池をぐるりと回ってもう少し行くと、・・・

IMGPnorikura0853-s.jpg
川が流れていて・・・

IMGPnorikura0854-s.jpg IMGPnorikura0856-s.jpg
レンゲツツジが咲いている。
一の瀬園地もここから近いが、雨も降ってるし今日はここまでとして、休暇村に戻りました。

翌日は朝から晴天!
休暇村でデジカメの充電もしたし、8時前には出発した。
まずは休暇村から昨日来た道をちょっと下って・・・

IMGPnorikura6364-s.jpg
スキー場の駐車場から歩いてすぐの善五郎滝を見る。乗鞍岳も見えてきました。
再び車に戻ってさらに下り、観光センター前で右折して林道に入り(林道といっても立派な道です)、しばらく行くと・・・

IMGPnorikura6372-s.jpg
レンゲツツジ満開の一の瀬ツツジ園に着く。

しばらく写真撮影に専念しました。

IMGPnorikura6385-s.jpg

IMGPnorikura6395-s.jpg

IMGPnorikura6401-s.jpg

IMGPnorikura6418-s.jpg
本当に満開です!一番いい時期に来たように思います。よかったよかった。

IMGPnorikura6414-s.jpg IMGPnorikura6416-s.jpg
ツツジ園から先にミズバショウ群落があるという。

IMGPnorikura6427-s.jpg
ここが群生地の入り口。
オソメジッケというらしいが、オソメジッケとは何のことやら。

IMGPnorikura6429-s.jpg IMGPnorikura6428-s.jpg
花が終わって巨大な葉の成長したミズバショウの群落でした。
花の咲く5月にまた来て見たいものです。

IMGPnorikura6431-s.jpg
白樺の下にヤマドリゼンマイとレンゲツツジ。

IMGPnorikura6436-s.jpg IMGPnorikura6445-s.jpg
コースの案内にしたがって行くと一の瀬キャンプ場に出る。

IMGPnorikura6447-s.jpg
そこから木道をたどって最初の林道に戻る。
ただし車を置いたツツジ園のところからだいぶ離れたところに出てしまった。

IMGPnorikura6450-s.jpg
まいめの池というのがすぐのところなので行ってみる。

IMGPnorikura6451-s.jpg IMGPnorikura6452-s.jpg
ここにも巨大に成長したミズバショウがありました。

IMGPnorikura6461-s.jpg
まいめの池と乗鞍岳

ところで、今回の休暇村の予約はN田氏がとってくれたのですが、そこはちゃんと考えて一番お得な「OH!花見プラン」という一人8,730円というのにしてくれました。

乗鞍高原国民休暇村のウェッブサイト見ると

「翌日の昼食弁当(お花見弁当)をセットにしたプランです。この時季、高原内には、スモモ、コナシ、レンゲツツジ、残雪の乗鞍岳など色鮮やかな時季を迎えちょっと遅めの春を感じることができます。皆様のお気に入りのスポットでお弁当に舌づつみしながら、散策しませんか 1日限定5組ですので、ご予約はお早めに!」

とある。

IMGPnorikura0860-s.jpg
これがそのお花見弁当です。
しゃれてますが、ご飯の量が少ないのですぐ腹が減りました。

休暇村の宿泊プランにはお一人様13,000円から15,100円の「信州黄金シャモ 金の会席」なんてのもあるみたいですが、花見プランで十分!
夕食もバイキング形式でしたがなかなかよかったですよ。

記事目次へ


関連記事
[ 2009/07/04 23:46 ] お出かけ | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。