箒銀杏(渋谷区代々木) 

 新宿駅南口から甲州街道を初台の方に行くと、文化服装学院のちょっと先のビルの一角に大銀杏があります。
IMGP0810.jpg
甲州街道の他の銀杏の街路樹と比べると大きさが分かると思います。
箒銀杏と呼ばれる樹齢約200年の古木です。前から知っていたのですが、黄葉はどんなものかとちょっと自転車で行って写真を撮って来ました。

IMGP0804.jpg
見上げると、本当に箒を逆さに立てたようです。

IMGP0803.jpg
根元には天満宮の祠があります。

IMGP0801.jpg
渋谷区教育委員会の説明版です。(クリックすると大きくなります)

記事目次へ

関連記事
[ 2007/12/16 20:59 ] お出かけ | TB(0) | CM(0)

華麗なるメトロポリタンオペラ(2007年) 

 ニュー・ヨークのメトロポリタン歌劇場の公演のライブビュー、見に行けなかったがその後NHK衛星放送のハイビジョンで放映された。 フォアン・ディエゴ・フローレスのセビリアの理髪師、アンナ・ネトレブコの清教徒などやっと見ることができた。よかった。

 9日にはプッチーニの三部作「外套」 「修道女アンジェリカ」 「ジャンニ・スキッキ」を見た。 「外套」のグレギーナ、ホアン・ポンス、リチートラの熱演もよかったけど、「ジャンニ・スキッキ」が楽しかった。

 「ジャンニ・スキッキ」はあの「私のお父さん」という超有名アリアで名高いが、これは舞台を見ないと面白さは分からない。このメトの舞台の芸達者なアンサンブルはこのオペラの面白さを十分引き出していた。
 なかでもジャンニ・スキッキ役のアレッサンドロ・コルベリは、私の持っているDVD「ドン・パスクワーレ」でも芸達者なところを見せている。ロッシーニのブッフォ役を得意としているらしいがいい味出している。

 三部作の最後がこの喜劇で終わるというのはいいですね。

記事目次へ

関連記事
[ 2007/12/14 12:54 ] テレビで見たオペラ | TB(0) | CM(0)

京都大文字山ハイキング(2007年12月6日) 

5日から2泊で京都に行ってきた。12月というのにまだ十分紅葉を楽しめた。何年か前11月下旬に行ったが、まるで紅葉していなかったことがあった。年によってだいぶ違うようだ。

大文字山に行ったのは6日。朝京都駅前バスターミナルから銀閣寺行きのバスに乗る。




銀閣寺道でバスを降りて白川通を渡る。


琵琶湖疏水に沿って哲学の道をしばらく行く。


銀閣寺参道のみやげ物店、そろそろ開店の時間。


銀閣寺門前には9時の開門を待つ人。


銀閣寺門前を左に行くと突き当たりに八神社がある。


右に道をたどるとすぐ行者の森・大文字参道と彫った大石のある祠の前に。


しばらく行くと「世界遺産貢献の森林~銀閣寺山国有林~」の看板がある。


ゆるい登り道を少し行くと・・・


水場がある。が、まだ水が欲しくなるほど歩いておらん。


山火事注意の横断幕のところで橋を渡る。


ようやく山道らしくなる。


ちょっと開けたところに出る。


そこに千人塚がある。


そこからしばらくゆるい登りとなって


その後は石段。途中リフトの架線が交差している。


もうすぐ火床らしい。


火床に到着。


そこからは京都の市街が一望の下。


十分展望を楽しんで下山。幼稚園のちびっ子たちが元気に登ってくる。


再び銀閣寺門前、賑わいを増している。まだお昼にはちょっと早いので白沙村荘・橋本関雪記念館の庭園を見る。







ちょっと遅いようだが、見事な紅葉の庭園でした。

記事目次へ


宿・ホテル予約ならじゃらんnet

関連記事
[ 2007/12/09 10:42 ] お出かけ | TB(0) | CM(0)

サラウンドステレオ 

 音楽の友社のstereo誌の「今月の人」の「音響人生是魔物的悦楽」にはいつも羨ましいというか、ここまでやるかと感心して見ている。私も趣味というと音楽鑑賞としているのですが、かける時間も金も「今月の人」には到底及ぶべくもありません。

 しかしそれでも現在は何とか5.0チャンネル(サブウーファーは無し)のサラウンドでDVDのオペラや映画、それにSACDなどを愉しんでいます。なかでも退職を機に導入した憧れのTANNOY STIRLING/HE(いまはHEは生産終了(TANNOY(タンノイ) Stirling/SE が後継機)をメインスピーカーにできて満足しています。
 サラウンドにしてよかったのは、デジタル衛星放送で5.1chサラウンドのコンサートや映画をやっていること。2chとは全然音の広がりが違う。ことに前面のステージで演奏しているクラシック音楽と違って、映画はその効果が大きい。

 映画をサラウンドで見ると、最初の映画会社のクレジットタイトルだけでうれしくなってしまうし、音響効果だけでキングコングだとか、パイレーツ・オブ・カリビアというようなのを見ようかという気になる。かえって8畳間の我が家のリスニングルームの方が映画館より良いような気がする。

 現在ブルーレイディスク、HDDVDという次世代ディスクのソフトが発売されていますが(どちらが勝つのか、どちらを買ってよいのかまだ様子見の段階ですが)、その音声フォーマットがドルビーデジタル・プラス、ドルビーTrueHD、DTS-HDなどという新しいものになっているとかで、わたしもそのうちクラシック関係のソフトが発売されるようになれば、それに対応した機器を何とか導入してと思っているのですが…お値段がねぇ、是魔物的支出か!

記事目次へ

関連記事
[ 2007/12/02 22:43 ] オーディオ・ビジュアル | TB(0) | CM(0)