スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フィオレンツァ・コッソットのイル・トロヴァトーレ(デビュー50周年記念公演) 

cossotto1.jpg
 昨日(11月25日)渋谷のオーチャードホールのイル・トロヴァトーレを聴きに行きました。
 フィオレンツァ・コッソット奇跡のデビュー50周年記念公演と銘打った演奏会形式の上演なのですが、肝心のコッソットさん、のどの調子が悪いということでキャンセルになってしまいました。
 開演前の主催者のおわびがありましたが、話が違う!と怒って帰ってしまう人が1,2割いたように思います。払い戻し又は30日のガラコンサートのチケットとの交換ということでした。  私もあのフィオレンツァ・コッソットさんを見たくて、聴きたくてこのチケットを買ったのですが、せっかくここまで来たのだし、その他のメンバーは「コッソットが望む驚異の実力派が世界から集まり実現する豪華な声の饗宴」ということなので聴いてみたいしということで聴くことにしました。それに急遽代役として森山京子さんが新幹線で仙台から駆けつけるというのですから、聴きたいじゃないですか。
 こういうときは出演者全員頑張っていい演奏するもんだよなとちょっと期待していたら、そのとおりみんな熱演で素晴らしかった。特に韓国の若手男声陣3人がよかった。ルーナ伯爵のスック・サングン、マンリーコのハ・ソクベ、フェランドのリ・ジェジュン、皆はじめて聴く名前だけど期待以上の出来でした。
 残って聴いている人も頑張れという気持ちもあってか最初から大変な拍手でした。これは絶対聴くべきだと思いましたね。払い戻しなどの手続きに時間がかかるので1幕だけでも見てってくださいと主催者に言われたとかで戻ってきたおばさん2人も喜んでましたよ。休憩後も最後まで聞いていったんじゃないのかな。
 それから、急遽アズチェーナを歌った森山京子さん、新国立でも彼女の歌何度か聴きましたが練習無しでこれですからさすが。
 私は十分満足しました。

 

記事目次へ

関連記事
スポンサーサイト
[ 2007/11/26 20:44 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

石垣山ハイキング(2007年11月18日) 

11月18日小田原の石垣山一夜城歴史公園に軽いハイキングに行った。

IMGP0279.jpg
新宿から小田急線で小田原へ、そこから早川駅まで一駅。
今日は快晴、ちょっと風が強い。後でニュース見たら木枯し一号だったとのこと。

IMGP0284.jpg
東海道線のガードくぐってちょっと行くと観音様のお堂がある。

IMGP0302.jpg
昨日は小田原城下町ツーデーマーチとかで、この道もそのコースになっている。
昨日はすごい人出だったらしい。

IMGP0306.jpg
広い農道(関白農道というらしい)の登り道を歩いていくと次第に展望が開ける。

IMGP0311.jpg
道の両側がみかん畑になっている。

IMGP0314.jpg
見返すと遠くに小田原城も見える。

IMGP0318.jpg
このあたりから石垣山に参陣した武将たちの案内板がいくつも順に立っている。

IMGP0325.jpg
みかんの収穫をしているのを見ていたら、ほら持ってきなとどっさりいただきました。
ありがとうございました。

IMGP0329.jpg
一汗かいたら石垣山一夜城歴史公園の石碑のある広場に到着。

IMGP0335.jpg
そこから一登りすると

IMGP0338.jpg
広々した芝生の広場が二の丸
ボランティアのガイドさん?が案内しながら説明していました。

IMGP0340.jpg
展望台から北を望むと箱根登山鉄道が早川の向こうに見える。

IMGP0352.jpg
本丸の物見台
小田原市街と海が見える。

IMGP0356.jpg
広場に下りたところで、農家の人がみかんなど売っている。
はやとうり5個100円と大きいのは3個100円。大きい方を買う。
はやとうりはあまり売ってないが浅漬けにしてしゃきしゃきとおいしいのだ。

IMGP0360.jpg
入生田に下る農道。

IMGP0363.jpg
ちょっと行くとすぐ工事中になる。歩行者のみ通行可。

IMGP0367.jpg
何が繁茂しているのかと思ったらキウイでした。

IMGP0368.jpg
ぎんなんとみかんを買う。ちゃんとお金入れました。

IMGP0370.jpg
それにしても今日はいい天気!

IMGP0374_20071124182759.jpg
早川にかかる太閤橋
川の向こうの建物は生命の星・地球博物館

IMGP0376.jpg
最後は風祭の箱根ビール蔵で地ビール飲んで昼食としました。

記事目次へ

関連記事
[ 2007/11/24 19:06 ] お出かけ | TB(0) | CM(0)

アンナ・ネトレプコ Berlin Concert  Live From Waldbuhne 




 今月11日土曜日外出から帰って、さて昨日録画しておいたNHKBSの「プロムス2007ラストナイトコンサート」のアンナ・ネトレブコを見るかとテレビのスイッチを入れると、なんとそのアンナがレハールのジュディッタの熱き口づけを歌っているではないか。

 番組内容を見ると「2006年W杯サッカー決勝前夜祭としてベルリン郊外ヴァルトビューネで行われたゴージャスな声の競演!ネトレプコ、ドミンゴ、ビリャソンという3人のスター歌手が出演」とある。こうゆう番組はBSクラシックナビゲーションにも載せといてくれなくちゃ!NHKさんお願いしますよ。

 私はNHKのホームページなどで、クラシック番組は大体チェックして録画して見てるんですが、「3人のスター歌手 イン ベルリン」には気が付かなかった。途中からでもいいやと直ちにハードディスク録画開始しました。なんたってアンナが出てるんですから。何を隠そうわたくしアンナ・ネトレブコの大ファンなんです。

 まぁ自慢じゃないけどまだこんなに売れる前、ゲルギエフ指揮キーロフ歌劇場のルスランとリュドミラ見て(NHKのBSです)注目しました。リュドミラは誰だってと配役表を巻き戻して見たものです。それから年を経ずオペラ界一番の人気歌手になろうとは!私は夢にも思いましたね。
 歌は良いし舞台姿はチャーミングだし言うことなし。それにインタービューとか舞台裏のお茶目なところを見ると性格のいいかわいい人のようだ。
 「みんな見て見て、私素敵でしょ!私のことみんな好きでしょ、みんなが喜んでくれるのがうれしくてたまらないの!」と言ってるみたいだ。このコンサートのアンコールでも歌っているムゼッタのワルツがネトレブコにぴったり。

字幕の歌詞をちょっと書き写すと
「私が町を歩くと 一人で町を歩くと
みんなが足を止めるわ
そして私の美しさに見とれて
私を上から下までくまなく眺めまわす
すると意味ありげな視線を感じるの
そんな視線は探ろうとするの
服の下に隠された美しさを
私のまわりにはあやしい欲望がうずまいている
私はうれしくて幸せになる
私のことが忘れられなくて苦しんでいるあなた
なぜ私から逃げようとするの
あなたは言いたくなくても私にはわかるわ
あなたは苦しんでるー死ぬほどね」

途中マイクから離れて肉声で歌うアンナに、満場の観客は大拍手でした。
アンコール最後の「君はわが心のすべて」をアンナを中に挟んでドミンゴとビリャゾン二人がアンナを口説くという趣向で三人が歌うのも面白かった。

記事目次へ


DVDでみるならこれ    ブルーレイディスクでも発売されました


こちらも見てくだされ→ Anna Netrebko DVD Blu-rayDisc

関連記事
[ 2007/11/24 11:17 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

メラニー・ホリデイのCD Melanie Holliday sings Lehar 

mlanieholliday
 ディスクユニオン新宿クラシック館で購入。840円、安い!


 近頃またディスクユニオンで中古CD買っている。この9月末ごろだったか、本当に久し振りに行ってみたらちょうど新売り場へ移転するというので閉店大安売りをやっていた。中島康晴の出ているビゼーの真珠とりのDVDが何%引きだったか忘れたが1890円で買えるんだからたまらない(買いました)。それから新装開店後もせっせと通っている。


 このメラニーのCD、得意のレハールをテノールのカルチコフスキーと歌っている。ジャケットの写真もキュート!

 メラニー・ホリデーを最初に知ったのは、あれは小笠原にいたときだから1987年か88年の正月。NHKの衛星放送で(当時の小笠原ではこれしか映らない!)金髪の美女が振袖着てオメデトウゴザイマスと挨拶して何曲か歌ったように思うが、記憶はあいまいだ。


 その後これもNHKBS-2で87年9月21日の厚生年金会館コンサートを見た。今は亡きテノールの山路芳久氏がゲストで出いる。これはその後CD発売されている。私はビデオ録画しました。その後DVDにダビングしたのを今日久し振りにちょっと見てみた。ピチピチのメラニーが舞台狭しと歌って踊っている。素晴らしい。山路芳久氏の歌もいい。

 このCDは1990年の録音だが、これとまったく同じメンバーの91年サントリーホールのライブもCD発売されている。
 私もサントリーホールでの来日公演は見に行ったのだが、91年だったのかどうか記憶にない。あまりコンサートなど行かない細君も楽しんでいた。
(そのコンサートのカタログあったはずだがちょっといま見当たらないが、入場者全員に配られたカメラータ・トウキョウの8cmCD「ウィーン・オペレッタの愉しみ」に 丸にPというのはPrintのことだと思うけど、その後に1995 CAMERATA TOKYO INC.JAPAN とあるのを見ると私が行ったのは95年以降かもしれない。)

 つい先日もNHKで最近の来日公演を放映していた。年輪を加えたけれど、メラニー相変わらず元気で素敵でした。

記事目次へ

関連記事
[ 2007/11/14 22:00 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

熱中時間~忙中趣味あり~ 

 NHKBS放送の熱中時間は面白いので大体見ている。
necchi.jpg
 昨日は「撮って集めて700種、新種も発見!カタツムリ熱中人と世界初の秘技に挑戦するヨーヨー熱中人」。世の中いろんなことに熱中している人がいることに毎回感心する。
 前にこの番組の3周年記念番組だかで言っていたが、熱中趣味を大きく分類すると「集める、巡る、作る」だそうだ。
 その分類で印象深かったのは、
「集める」では若い女性で蝶ではなく蛾を集める人、消防が好きで本物の消防自動車を購入してしまった人。
「巡る」では全国全ての鉄道の駅にいちいち下車して証拠の写真だかビデオを撮影して回った人、全国のバッティングセンターを巡って打っている人。
「作る」では、剥いた玉葱の皮で作品を作っている人、毛糸編みで食べ物を作る人。
 この番組見ていいなと思うのは、全ての熱中人が人生を前向きに楽しく生きていることだ。他人から見たら何やってんだかというものかもしれないが、いいんです。私も何か熱中するものを持って楽しく人生を謳歌したいと思うのです。

記事目次へ

関連記事
[ 2007/11/10 14:51 ] テレビ | TB(0) | CM(0)

ナタリー・デッセイのCD 

 久し振りにタワーレコードに寄ったら、私の好きなナタリー・デッセイ(正しくはドゥセというらしいが)の新譜のイタリアオペラアリア集が出ていたので迷わず購入した。 ボーナスDVDの有無の2種類あったが、DVD付きを買う。2,390円。DVDないのはたしか2,000円切っていた。いずれもspecial priceのシールが付いている。 

DVDはルチアの狂乱のシーンが約20分、今年9月のメトの舞台の録画。 デッセイのルチアは前に2002年のリヨンの舞台(フランス語版)をNHK・BS-2で見た。このメトの舞台も素晴らしい。迫真の演技と歌唱に圧倒される。きっとまた全曲のDVDが出るでしょうが、絶対買いますね。グルベローバも好きですが、なんと言ってもデッセイは舞台栄えがする。 

amazonでも買えます。↓

それからナタリーのフランス語版のルチア(フランス語ではリュシーですが)は、CDで出ています。イタリア語版とちょっと違うところもあってこれはこれでいいです。エドガルド(エドガール)はアラーニャが歌ってます。


記事目次へ

関連記事
[ 2007/11/05 23:36 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

11月4日 N響アワー 

 今日のN響アワー「ブラームスふたつの1番」見ていたら、交響曲1番ではフルートの首席で高木綾子さんが吹いていた。へえと思ってインターネット検索したら2006年にシベリウスの1番のときもゲストで出ているそうだ。ファンが多いようです。

 こういうテレビ見ていて、あれっと思ったことをネット検索すると大体ヒットする。
 こないだも、NHKBS-2でヘレベッヘ指揮ロイヤルフランダース管弦楽団のベートーベン見ていて疑問がわいたのでネット検索したら、この演奏会については、バイオリン弾いている人に宅八郎に似た人がいるけど誰でしょう、日本人かしらなど出ている。
 私が疑問に思ったのは同じ日の演奏会の録画でベートーベンの1番、3番、2番、5番の順にやったのですが(演奏順かどうかは不明)、なぜか2番は会場ほぼ満員なのに最後の5番はがらがらなこと。特に2階席がそれまでちゃんと観客がいたのに、5番になったら空っぽなのだ。1階席もかなりさびしい。これはなぜなのだと思ったのですが、疑問は解けませんでした。普通2番聞いたら後に5番やるというのに帰ってしまうということはないよなぁ。不思議だ。

記事目次へ
 

関連記事
[ 2007/11/04 22:36 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

東京藝術大学大学美術館(2007年11月3日) 

 岡倉天心 
 今日は文化の日なので、というか細君が友達から招待券をもらったので東京藝術大学大学美術館に「東京藝術大学創立120周年企画 岡倉天心 ― 芸術教育の歩み ―」を見に行った。 午後から天気も良く上野公園ではテントを建てて全国陶器市も開催していた。

 
 美術館のWebページ見ると「この展覧会は、本学の創設に深くかかわり、開校まもなく校長となった天心・岡倉覚三(1863-1913)の業績を、東京美術学校在任時代を中心として、多角的に検証、紹介するものです。」と出ている。


 美術学校創立時の様子が面白かった。しかし岡倉天心が校長になったのはなんと27歳だというのには驚いた。

 また、美術学校が依嘱によって野外彫刻、銅像、室内装飾品を制作する事業(国会議事堂の装飾扉や今も皇居前にある楠正成の銅像など)を行っていたというのは知らなかった。


記事目次へ




関連記事
[ 2007/11/03 20:49 ] お出かけ | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。