スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

AmazonビデオをSONYのブルーレイプレーヤーBDP-S6700で見る 

 前回書いたSONYのブルーレイプレーヤーBDP-S6700についてです。

ブルーレイプレーヤーですから、ブルーレイディスクやDVD、CDなどの再生は普通にできますし、
SONYのHP見ると
フルハイビジョン映像をさらに高精細化
4K対応のテレビにつなげば、映像をさらに高精細な4K映像に変換します。ブルーレイディスクやDVDはもちろん、ネット動画やホームネットワーク経由の映像、USBメディアの映像よりも美しく再生できるようになりました。また、静止画にも対応しています。

とありますが、残念ながら我が家のテレビは4Kなどというものには対応しておりませんで宝の持ち腐れであります。

最初にネットワークに接続する必要がありますが、たいてい無線LANを使ってるでしょうから暗号を一回入力すればすぐつながります。

電源入れるとこんな画面が出ます。
IMG_5127s.jpg

Amazonビデををリモコンでクリックするとパソコンと同じ画面が出ます。
IMG_5128s.jpg

またYouTubeをクリックするとメニューが出ます。
私の場合よく見る囲碁の動画が何の指定もしないと出ます。
でもこれってちょっと一人で見る分にはよろしいですが…
他人に見せたくない趣味や好みのいつも見ているのが最初に出るというのはやめてほしいような気がします。

IMG_5129s.jpg

YouTubeの動画も大きな画面で見るとなかには解像度の悪いのもありますが、なかなかいいですね。

それからわたくしパソコンにつないだnasneというのでテレビ録画もしているのですが、これも無線LANにつながっておりますので、一番上のメニュー画面のYouTubeの2つ右のアイコンをクリックするとメニューが出て、パソコン録画したものをテレビで見られるようになります。
もう一つ外付けハードディスクをBDP-S6700のUSBにつなぐとハードディスク内の動画や写真を見ることができます。
これもいいですね。写真を居間のテレビの大画面で見るのも楽しいです。

その他Bluetooth 設定すればどうだとかモバイル機器のスクリーンミラーリングができるとかいろいろあるらしいのですが、面倒なのでまだやってません。
が、ここまででもこれは買ってよかったなと思います。

ところでこのBDP-S6700にはHDMIケーブルがついてないんです。仕方ないのでレコーダーのコードを外して最初つないだのですが、すぐAmazonで買いました。
お急ぎ便無料のプライム会員なのだ!


  






スポンサーサイト
[ 2016/09/19 21:33 ] オーディオ・ビジュアル | TB(0) | CM(0)

Amazonビデオについて 

 前にも書きましたが、Amazonのお急ぎ便お試しのため1か月無料のAmazonプライム会員になってしまったのですが…
まぁこれが狙いなんでしょうが無料期間などというものは知らないうちにすぎてしまいまして、年間3900円の引き落としということになりました。
以来その元を取ろうと、プライム会員特典のAmazonミュージックを聞いたりAmazonビデオを見ておりました。

 Amazonビデオも最初のうちはプライム会員特典の無料の映画を見ていたのですが、そのうち有料の映画の48時間レンタル399円というのも見るようになってしまいました。
 これがAmazonさんの狙いなのね!と分かっているんですが、こちらにもメリットがあります。

というのはわたくしTUTAYAのレンタルビデオの会員なんですが、あまりレンタルしておりません。
世田谷に転居してから1年になりますが、1回下高井戸のTSUTAYAで借りただけです。このことは前に書きました。

レンタルショップは借りに行くのも面倒だし返しに行くのも面倒です。
それに返却期限はいつだっけ、いつ返しに行こうかなど気になって仕方がない。
最近会員登録の更新のご案内が来ましたがやめました。

それがAmazonビデオだとそういう手間なしに見ようというときにPCで「レンタルする」というのをポチッとするとすぐ見ることができます。レンタル料も同じようなものです。
ですがそうなるとこれをやっぱりパソコンのモニターでなくて大きな居間のテレビで見たくなります。

そのための機器をちゃんとAmazonは用意してるんですねぇ。
「お手持ちのテレビのHDMI端子に挿すだけでAmazonビデオ、Netflix、Hulu、YouTubeなど、豊富な映画やビデオを大画面で楽しめる」
というFire TV StickとかAmazon Fire TVというものです。

 

これはいいと買おうと思ったのですが、さんざん検討した結果この機能がついていて、録画したブルーレイディスクも見られるSONYのブルーレイプレーヤーBDP-S6700を買ったのでした。
まぁどちらでもいいんですが、録画したオペラなどを録画機でなくてプレーヤーで見たらどうだろうということもあったのです。
それにこちらはSACDも再生できるというところもいいかなと。



次回使ってみた報告を書きます。今日はここまで。



[ 2016/09/17 22:11 ] オーディオ・ビジュアル | TB(0) | CM(0)

USB入力できるアンプやAVアンプについて 

前回のスピーカー工作の記事に書いた私の使用している小さなデジタルアンプのことは「PC用USB入力アンプを買う」というのに2011年に書きました。→その記事を見てみる
ところがその後このアンプの製造会社ラステーム・システムズは倒産してしまったらしいです。
私が2011年2月に買ったデジタルアンプはまだ何の問題もなく動いています。
今でも販売していれば絶対おすすめなんですが。

でもいまネットで見るとUSB入力の出来るアンプはいろいろあるようです。→Amazon USB入力できるアンプ

なかでも評価の高いのは
DENON プリメインアンプ USB-DAC搭載 ハイレゾ音源対応 プレミアムシルバー PMA-50SP
 これですね。
アンプが変わればスピーカーから出る音も変わりますから、これにしたらどうなるんだろうと大いにそそられます。

あとプリメインアンプでなくてAVアンプもUSB入力できますし、最近のはiPhone、iPodからbluetooth接続もできますからAVアンプも良さそうです。
なかでも引っ越し前に使っていたヤマハのAVアンプはサラウンドスピーカーを後ろに置かなくてもバーチャルでサラウンド効果があるというところが良さそうです。
値段的に言ってヤマハ ネットワーク対応 7.1ch AVアンプ(ブラック)YAMAHA RX-V581(B)にわたくし今注目しております。
 これですね。

そうすると映像もブルーレイプレーヤーとAVアンプをつないで、HDMIでパソコンのモニターにつなげばよいわけで、
引っ越し前にTANNOYとAVアンプを売り払ってしまい、だいたいリビングのテレビの周りに邪魔な大きいものを置いてはいけないとの天の声の厳命もあり、最近はオペラと遠ざかっておりましたが、そうですよ、私の物置部屋を閉め切ってバーチャルサラウンドならできるのでは・・・と少し希望が湧いてきました。

そうなるとブルーレイプレーヤーはソニー ブルーレイプレーヤーSONY BDP-S6700 ですね。
これはなんといってもSACDに対応しているのが他にない良い点です。
 これです!


[ 2016/08/02 09:55 ] オーディオ・ビジュアル | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。