スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Amazonの電子書籍読み放題 Kindle Unlimited その後 

Kindle Unlimited のことは前に書きました。
当初の想定を上回る利用があって、出版社への支払いが膨らみAmazon側が配信停止にしたということでした。
このせいか私が無料お試しに加入したころはUnlimitedで読めたマイナビの囲碁人ブックスが全部対象から外されています。
これはまた理由が違うのかな? Amazonの支払いが困るほどこの囲碁の本が読まれているとは思えませんので。

ところがネットで見たら、昨年10月に配信を止められていた約20社のうち、光文社など6社の提供作品の配信が5日までに再開されたそうです。
Amazonとの支払い条件の変更の契約に応じたためらしい。
講談社はこの契約変更に応じていないらしくて、まだ配信は再開されていないという。小学館も同じらしい。
(以上はimpressのINTERNETWatchで読みました。)

Amazon Unlimitedのこの辺の事情については、NHK NEWS WEBに載ってました。
こちらです。↓
アマゾンの”誤算” 読み放題に“特別条件”
nhkwebamazons.jpg

これを見ると、書籍販売ではもはやアマゾンは無視できない大きな存在になっていて
特に「専門書など販売数が少ない書籍を取り扱う中小の出版社にとっては、アマゾンは有力な販売ルート」ということで、アマゾンに表立って抗議すらできないということです。
大手も抗議はしたけれど結局はアマゾンの新しい条件をのまざるを得なかったということでしょう。

私も便利で安いのでアマゾンのマーケットプレイスの古本やKindle版を大いに利用しておりますが、独り勝ちとなって競争がなくなるのは良いことではありません。
でも、やめられないでしょうね。Amazon、便利で安いですから。










スポンサーサイト
[ 2017/01/10 11:50 ] 本と読書 | TB(0) | CM(0)

Amazonの電子書籍読み放題 Kindle unlimited 

Amazonの電子書籍 Kindleについては、まえに推奨する囲碁の本のところで紙の本より安いしいいと書きました。
8月にそのKindle 版の書籍の読み放題サービス Kindle unlimitedが月額980円で始まったというので覗いてみると、結構マイナビの囲碁人ブックスの新刊が対象になっていた。

 この囲碁の本を月に1冊読んだらそれだけでお得だし…
それにわたくし写真カメラ雑誌のうち近くの図書館に置いてない「デジタルカメラマガジン」の電子版をここ何か月かインプレスのネットショップで1冊700円で購入しているので、それを考えるとあと280円ですからまぁいいかと思ったのでした。

ところが8月31日の朝日新聞にこんな記事が載っていた。

アマゾン読み放題、人気本消える 利用者多すぎが原因?
今月3日にスタートした通販大手アマゾンジャパンの電子書籍読み放題サービスで、人気のある漫画や写真集などがラインアップから外れ始めた。サービス開始に合わせて多くの書籍をそろえようとしたアマゾンが、出版社に配分する利用料を年内に限って上乗せして支払う契約を締結。しかし想定以上の利用が続いて負担に耐えきれなくなり、利用が多い人気本をラインアップから外し始めたとみられる。


そうなんです。読み放題リストから知らない間に消えているんです。

これまで1か月余の期間にこれはいいなと読んだ読み放題の囲碁の本↓みんな今見ると読み放題の対象じゃないんです。

     
上の5冊、私の推奨本ですね。どれも良い本です。読み放題でなくても買うと思いますが、ひと月もしないでそれはないよね!

Amazonの契約違反に反発して出版社側からサービス提供を引き上げているんでしょう。

 例によって気が付くと無料期間は過ぎておりますが、今後どうしようか考え中であります。
幸いデジタルカメラマガジンとデジキャパは10月号も対象になっております。しかし山と渓谷は8月号までは読み放題の対象でしたがそれ以降は9月号も10月号も読み放題ではありません。この雑誌も毎号読んでいるので残念であります。






[ 2016/09/22 21:19 ] 本と読書 | TB(0) | CM(0)

写真集 渋谷の記憶Ⅱ 写真でみる今と昔 

前に渋谷区発行の写真集「渋谷の記憶 写真で見る今と昔」について書きましたが、今度その続編が出ました。

kioku2-s.jpg
渋谷の記憶Ⅱ 写真でみる今と昔 です。

今度のもページ左右見開きで渋谷区内の今と昔の同じ場所の写真を見せます。
表紙の東急文化会館は昭和31年に建てられたものですが、もう今はないんですからねぇ。

それから文化服装学院の円型校舎の前を京王線の電車が、また道玄坂を玉電が走っているし・・・
千駄ヶ谷五丁目には乳牛の牧場があったのだ。現在の鳩森小学校近くに昭和初期まであったそうだ。
昔の写真の直接の記憶はなくてもなぜか懐かしい気持ちがする。

また、渋谷区の郷土博物館・文学館では今「昭和30年代の渋谷写真展」をやっている。これも見に行きましたがなかなか面白い。当時を知っている人にはたまらないでしょう。
写真というものは撮ったときはたいしたものでなくても、年を経ると良い写真になるらしい。何しろ今では絶対撮れないんですからね。
最近はそういった今では見られない懐かしい街角の写真集が多く出ているようだ。

この写真展は6月7日までですが、7月18日(2009年)からは「昭和40年代の渋谷写真展」をやるそうです。こうなると私も当時渋谷駅辺をうろうろしていましたからますます懐かしい景色が見られそうです。

ところで渋谷区に住んでる人に聞きますが、最初の渋谷区役所が神南一丁目の電力館のところにあったってこと知ってました?

白根記念渋谷区郷土博物館・文学館
企画展「昭和40年代の渋谷写真展」

記事目次へ

    

[ 2009/05/26 21:02 ] 本と読書 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。