FC2ブログ



私のブログにようこそ 

私のブログにようこそ 

このブログ、あの吉田兼好の徒然草をまねて暇なときに気ままに書こうと名前を閑居亭の徒然日記なんて付けましたが、記事の半分以上はハイキングや撮影行の「お出かけ」で、ちっとも閑居などしておらんではないかと言われております。
それに"徒然"というのは、「することがなくて退屈なこと、手持ちぶさた」ということを知らないわけではないんですが・・・あれこれ忙しがっておりますので 繁忙亭の東奔西走日記のほうがよかったかなと今になっては思うのですが、もう始めちゃったし、まぁいいでしょう。

最近の記事は左の最近の記事一覧から見てください
ジャンルごとの記事は右側コラムにカテゴリーというのがありますのでそこから見てください。
記事の分類(カテゴリー)というのは難しいもので、お出かけに入れたほうがよいのかカメラと写真がいいのか、テレビの音楽番組は音楽なのかテレビなのか迷いますが、深く考えずに適当にやってますので・・・深く考えずに見てください。

最初のころはオペラなど音楽関係に力が入っていましたが、齢を重ねハイキングが少なくなり、音楽もオペラ劇場に足を運ばなくなりこの2ジャンルは減って、カメラと写真そして囲碁が増えております。

オペラにつきましてはこのブログでも書いてますが、別にオペラ普及計画というブログもやってました。
ただまぁ始めたんですが、休眠状態になっております。面倒なので放ったらかし!

オペラは今でも好きで聴いてますが、ただオペラは大体が悲劇で最後が悲しすぎるんです。
蝶々夫人もトスカもラ・ボエームのミミも椿姫のヴィオレッタも皆最後に死ぬんです。
音楽自体は素晴らしいし好きなんですが、、、
でも途中では誤解や行き違いや悲しいことがあっても最後はあぁよかったねぇとハッピーに終わって欲しい気が近頃するんです。歳のせいかな?!

ブログ内の記事については右のブログ内検索で「GA645」などのキーワードを入力して検索できます。
このブログ内検索は自分でも確かこのこと前にも書いたようなというとき使ってます。
そうして自分でも忘れていた記事を久しぶりに読んで自分で面白がっております。

見返してみたらこのブログ2006年からやってるんだ!と自分でも驚いてます。
これからも暇な時に断続的にあれこれ書きますので時々見てください。

関連記事
[ 2020/05/30 17:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

Youtube 「戦国・小和田チャンネル」 は歴史好きにはおすすめです  




最近このブログで、 
NHKラジオ 聴き逃しで「歴史再発見 明智光秀の実像に迫る」 →その記事を見てみる
という記事を書きました。
いま大河ドラマ「麒麟がくる」で時代考証を務めている歴史家の小和田哲男さんの講演会の録音です。
全14回で、今でもさかのぼって第1回から聴けます。

ネットで見ていたら、この小和田さん最近Youtuberになったそうで、
Youtube 「戦国・小和田チャンネル」 というタイトルで、戦国時代のことを解説する動画を配信しています。

owayt-s.jpg

もう15本も動画をアップしてチャンネル登録者も4700人を超えています。
わたしも早速チャンネル登録しました。
Youtubeのホームページの検索で 「戦国・小和田チャンネル」 と検索すれば出ます。

小和田さんの研究スタイルは直接現地に出向いて山城などを調査するというものだそうですが、このコロナのための外出自粛で、それもできなくなり、お家でできるYoutubeでの動画発信を始めたということです。

NHKテレビの「英雄たちの選択」他の歴史番組にも小和田さんよく出演しています。
趣味で大好きなことが仕事であるといううらやましい方です。

戦国時代のお城といえばもう一人奈良大学の千田嘉博教授という人もよくNHKの歴史番組でお見掛けします。
この千田教授はお城が大好きで、テレビ番組で山城の急坂を駆け登ったりしてお話されるときはホントに楽しそうで、私もなんだかうれしくなります。
それから「英雄たちの選択」の司会の歴史家磯田道史氏も、千田教授と同じ歴史好きで、古墳を目の前にした興奮ぶりなどいつも楽しく見ております。
この磯田氏は子供のときから古文書の解読がなにより好きだったということだそうで、歴史家として筋金入りです。

それもあったのか私も影響されて、いつもの三人旅のとき関ケ原合戦の石田三成の本陣や安土城などを訪れております。
また今年は行きたいと思っていたのですが、このコロナの自粛で行けなかった光秀が難を逃れた越前朝倉氏の一乗谷朝倉氏遺跡にも桜の季節に行ってみたいものです。


小和田さんの明智光秀関係の本です。Kindle版もあります。

   

↓こちらは千田嘉博氏の本です

  

千田嘉博氏のお城関係の本まだまだありますAmazonで見てみる

ついでに磯田道史氏の著作もAmazonで見てみる





関連記事

メール碁と呼びかけの碁 




今はネットで対局が当たり前ですが、わたしはメール碁をやってます。
きっかけは
囲碁学苑のYさんが郵便碁の会に入っているということで、郵便碁をやりませんかと誘われたものです。
はがきにこちらの着手を書いて送って、何日か後に返ってくるというやり取りで、相手の手を見てああでもないこうでもないと考えるのは非常に勉強になっていいという。
それに一度に4局、黒番、白番2局ずつ同時に打つとのことで、案外面白いですという。

でもなんだかまどるっこしいし、第一200手の碁なら双方100枚のはがきが必要です。そのはがき代だってバカになりませんし、郵便ポストまで出しに行くのも面倒です。
と、さすがに郵便はやめましょうよ、でもメールならどうですかとこちらから提案してやることになりました。

今は私はiPadproの画面のスプリットビューで、メールと棋譜記録アプリのSmartGoKifuを左右に表示させて入力してやっています。

Attachment-1-s.jpg

いまではもう一人の元囲碁学苑の囲碁仲間とも4局同時進行でメール碁やってます。
合計8局、大体毎日来ますので返事を書くのに忙しい。ことにこの外出自粛ですので、返事送るとすぐ来るので、日に何通もメールのやり取りをしております。

そのうちのアイさんは、日本棋院の幽玄の間でも打っているとのことで、
今は外出自粛ですのでこれはいいですぜひ入会してやりましょうとお誘いを受けているのですが、どうもわたくし踏み切れないでいます。
毎月使用料がかかりますし、といっても大した額ではないですが。
どうも見知らぬ人と打つというところがねえ。

ということでネットで見ていたら 無料のネット対局 「呼びかけの碁」というのがありました。

yobigo-s.jpg

これは
「昨今一般のネット対局で、知らない人とばかり打つのではなく、友達と、知人と、誘い合って手軽に碁を打つことができます。」
ということで、

一人がID登録して代表者となり、友達をメンバー登録して電話なりでこれからやりましょうと呼びかけて対局できるというものです。
しかも無料です。
1度試しにパソコンやiPadを操るのに慣れた人とやってみました。
なかなかいいです。ちゃんと対局できますし、棋譜も保存できます。
これなら相手はいつもの知合いですし、気楽に打てそうです。


 



関連記事
[ 2020/05/28 22:48 ] 囲碁 | TB(0) | CM(0)

芝生の小さな花は、ニワゼキショウ(庭石菖)でした 



おととい書いた団地の芝生に咲いている小さな花ですが、名前が分かりました。
ニワゼキショウというそうです。漢字では庭石菖と書くそうです。

IMG_3712-s.jpg IMG_3715-s.jpg

このブログを見てくれた私の叔父さんがメールで教えてくれました。
教えてくれた叔父さんは、もう93歳になろうというのにパソコンをやるだけでなく自分のブログを書くという先進的な人で、私の子供のときからいろいろお世話になっています。

きょうまた買い物に行くときに、マクロレンズを付けたカメラを持って出て、昨日のイワゼキショウを撮影しましたが、ついでにその周辺の花も撮影しましたのでお見せします。

これは、オオイヌノフグリ
IMG_3720-s.jpg


黄色い花のキクの仲間はいろいろあるので図鑑を見てもよくわかりません。
図鑑で見ると、ニガナ、オニタビラコ、ジシバリ、コウゾリナ、ブタナなんてのもあって、どれも花が似ています。
葉っぱや茎など全体をよく見ればわかるということですが、わたしは花がきれいだなというところにばかり眼が行って葉っぱや茎には注目しておりませんでした。
また明日以降に確認したいと思いますが、、、

カミさんは、持っている フィールドガイド「野草のおぼえ方」 という本を見てオニタビラコだと言ってます。
タビラコといっても上に「オニ」と付くのやそのまた上に「コ」と付くのや「ヤブ」と付くのがあるそうで、
茎が立ち上がるのがオニタビラコで、地面にへばりついて咲くのがコオニタビラコで、日陰に生えて茎が伸び、花が小さいのがヤブタビラコだそうで、これはどうみてもオニタビラコだと言い張っております。

IMG_3728-s.jpg IMG_3729-s.jpg


これは、ハルジオンかヒメジョオンかどちらかでしょう。
どちらもジオンかと思っていたらハルジオンは春紫苑でヒメジョオンは姫女苑でした。
知りませんでしたねぇ。
で、ハルジオンはつぼみが著しくうなだれることと舌状花が赤みがかることが識別点と「野草のおぼえ方」にありましたので
これはハルジオンですね。
IMG_3731-s.jpg

マクロレンズで迫って撮影してみました。
IMG_3730-s.jpg


最後にこれはベランダのスミレです。いまはもう花は咲きませんで、閉鎖花といって咲かないのにスミレは種ができるんです。
これが最初はうなだれていたのが、だんだん首を持ち上げてきて、上向くとはじけて種が周りに飛ぶんです。
なのではじける前に切り取って封筒に入れ、来年の種まき用に収穫しております。

IMG_3705-s.jpg IMG_3711-s.jpg



    

雑草の花の図鑑まだまだ他にもあります→Amazonのページを見る






関連記事
[ 2020/05/26 18:34 ] 日常的生活 | TB(0) | CM(0)

北沢川緑道、せせらぎの道のリス2匹 




北沢川緑道と佐内弁財天という記事でUR経堂赤堤団地の東側のせせらぎの道に、小さな動物のブロンズ像がこっそり設置されていることを書きました。
これです ⇒ 北沢川緑道と佐内弁財天

昨日またそこを歩いたとき、まだ他にもないかなと注意して歩いていたら、ありました!
藤棚のある公園の手前のベンチのところで見つけました。
IMG_1994-s.jpg

2匹のリスです。
これは他のよりも目立っていますが、これまで気が付きませんでした。

IMG_1995-s.jpg

この写真を撮っていたら、ベンチで休憩しようと立ち止まったご夫婦も、今まで気が付かなかったと言ってました。
見ているようで見ていないものです。
他にもモグラとキツネ、タヌキ、イタチもいるんですよと教えてあげました。

IMG_1988-s.jpg

  IMG_3681-s.jpg

これからも世田谷区内の水路や緑道をたどる散歩をしていきたいですね。
お金もかからず、健康にもいいし、この外出自粛でも許される範囲かと思います。


   

世田谷の歴史散歩関係の本Amazonで見てみる






関連記事
[ 2020/05/25 12:07 ] 日常的生活 | TB(0) | CM(0)